FC2ブログ

1週間前の18日、前日に「明日、秩父ミューズパーク行かない?」と母に誘われ、出かけました。

「今しかない!!」「もう遅いかも・・・・・」と秩父へと車を走らせました。

去年も同じ時期(10日早かった)に長瀞へ行きました。

長瀞より奥の秩父なのに、長瀞の時と同じ1時間ちょっとで到着できました。

思っていた以上に山の中にあり、けっこうキツイ坂を(車で)上りました。

上っていく途中には、きれいに色付いた木が目に入って来ました。


車を中央口の駐車場に止め園内に入ると、目の前には『ミューズの泉』。

ギリシャ神殿を想像させるようなステージと円柱、噴水。

そして、ミューズ像が出迎えてくれました。

「ギリシャ見た~い!」とさわぎながら、写真をパシャパシャ。

DSCN0107.jpg

赤く色づいた木々をバックに、何枚撮ったかわからないほどでした。

『ミューズの泉』を楽しんだあとは、両側・地面が真っ黄色に染まったイチョウの並木道。

DSCN0112.jpg

イチョウの並木道を歩いて(車椅子で)通ることなんてめったにないから、いつになくはしゃいでしまったPINKCATでした。

イチョウの葉を踏み、潰された銀杏のにおいが漂っていました。

ほとんど葉の落ちたイチョウに、秋の終わりを感じました。


持ってきたお弁当などを食べながら、赤や黄色に染まった木々や山と青い空を楽しみました。

DSCN0125.jpg

園内を周遊する『スカイトレイン』が紅葉した道をゆっくり走ると、また違った景色を見ることができました。


その日は紅葉狩りにはもってこいの陽気で、最高の1日でした。

それなのに、帰りの車の中の話題は(園内にあった)トイレでした。

そのお話は・・・・・、来週!!早く・・・・来週にならないかな?

書きたくて書きたくて・・・・しょうがない!

スポンサーサイト



 11月も半ばを過ぎ、関東も平野部でも紅葉が見頃になって来ているところが多くなっている時期になりました。

隣のさくら運動公園も、きれいに色付きました。

30年以上毎年同じ景色を見ているはず?なのに、今年改めて思っているPINKCATです。

「なんで?今まで気がつかなかったんだろ?」違うことといえば、部屋の向き。

今までの部屋は南向きで、窓を背にして机に向かっていました。

それに2号棟だったため、窓の外には木が1本あるものの1号棟の支援室。

色が変わることぐらいは知ってはいましたが、比較できるものもなくじっくり見ることもありませんでした。


今の部屋は東向きで窓の外は、運動公園の野球場。

机に向かうと、右を見れば公園。

部屋の向きはもちろん机の位置で、見えるものが変わることを知りました。

とはいえ、毎日見て、「色が変わった!」なんて、思うやつではございません!

気がつくと、「色が変わってる・・・・・」という程度。

しかしこんなことは2度とないと、写真を撮ってみました。

「写真、撮って!」と頼むと、「向こうからのほうがいいかな・・・・・?」といいながら取って来てくれたのが、この写真です。

5号棟の東から、撮りました!

DSCN0092.jpg


DSCN0091.jpg


DSCN0090.jpg


DSCN0090.jpg

写真で見ると、また違う場所に見えるから不思議。

行ったことのない公園?のようです。

きれいでしょ?

2019.11.11 青い道?

 10月から工事が本格的に始まった大規模修繕。

10月の半ばには、1号棟が完全に塞がれ通ることもできなくなりました。

1号棟が通れないと困ることことがたくさんあります。

まだ通れるうちから、「ど~なるんだろう?」「まさか!外を(通る)?」「雨の時は?」「雪も降るよ」「天気悪かったらお風呂なし?」「いや、お風呂どころかごはんもなし?」と心配しながらも、ふざけたことを言っていられました。


10月に入るとすぐ、2号線からⅡ課に繫がる廊下の窓の外から3号棟の廊下の窓の外まで太い鉄骨が並べられました。

「仮設通路ができるんだ!」と思いました。

並べられたのは早かったのに、なかなかできる気配がありませんでした。

2週間そのままになっていましたが、気がつくと屋根ができ、気がつくと壁ができ・・・・・とあっという間に出来上がりました。

車椅子が1台通れば、人もすれ違うことが難しいほどの幅しかない仮設通路。

狭いだけでも大変なのに、ほとんど直角に曲がったり、下は(競技場のトラックと同じような)ラバーやアスファルトのままででこぼこでハンドルをとられたり・・・・・。

初めて通った私は、電動で直角を曲がり切れずに・・・・・・。

やっちまった私は、電動での通行禁止!誰かを捕まえて(押してもらい)通らなければならなくなってしまいました。

DSCN0084.jpg

押してもらうことには何の問題もないのですが、通れなかったことが、とてもショック。

電動に乗って35年?

スーパーやコンビニだって、街中だって、海外だって、ほとんど電動で自由に動いてた、そして(だいぶ昔の話だけど)、スラロームで全国障害者スポーツ大会に出場したこともあるのに・・・・・。


仮設通路を使い始めて2週間たったころ、修理のため、1日通行禁止の日がありました。

修理後の仮設通路をみると、屋根と壁だけだったところが、ベニヤ板の床ができていました。

「床だけ?幅が変わらなかったら同じことじゃない?」と思いました。

思いながらも・・・・・、おそるおそる一人(もちろん監視つき)で通ってみました。(その時は前と同じところに突っ込んだ)

その後逆走してみると、難なくクリア。

「床が平らなことって・・・・・大事なんだ!」と改めて思いながら、通っている仮設通路です。

寒いのが難点の仮設通路でした。

が、先日、ストーブも入りました。今日(ストーブが入ってから)初めて通ってみましたが、思っていたよりも暖かったです。

これで、真冬も大丈夫!!仮設通路の写真を撮ってみました。


DSCN0087.jpg

見慣れた仮設通路なのに写真で見ると、真っ青で海の中に続いているような感じでしょ?

 

 10月31日は、ハロウィン。最近、新光苑でも・・・・・出るようになりました。

前の日のお昼が、ハロウィンメニューでした。

何を勘違いしたのか、その日に出るような気がして・・・・・、どこかで待ち構えていたPINKCATでした。

クリームたっぷりのパンケーキを食べながら「なんで?出ないの?忙しいの?忘れてるの?」よくよく考えたら、「1日早いからでるわけない」ことに気がつきました。


翌日のお昼、食堂が騒がしくなり行ってみると、3体のおばけがウロウロしていました。

DSCN0075.jpg

『かぼちゃの妖怪』

DSCN0077.jpg

『カオナシ』

DSCN0074.jpg

そして、リアルすぎる『貞子』。

『貞子』がリアルすぎて・・・・・、怖かった!!

それでも怖いもの見たさに近づき、写真まで撮ってしまいました。

そのお化けたちは、職員にお菓子を配り歩いていました。

私も(お菓子が)もらえると思い、「トリックアート!トリックアート!」と『カオナシ』を追いかけ回しました。

しつこいと思ったのか『カオナシ』は、こんなのくれました。

DSCN0081.jpg

裏には、『大凶』と書かれたおみくじが貼ってありました。

「チェッ!」舌打ちしながら席に着くと、ちゃんとお菓子が置いてありました。

お菓子を配り終わったおばけたちは、静かに消えて行きました。

そして何事もなかったようにお昼を食べ始めた一同でした。

来年も、来る・・・・・きっと来る・・・・・?

 ラグビーWorld Cup開催のため例年より1か月遅い開催となった『彩の国ふれあいピック秋季大会』が昨日、開催されました。

昨年は、台風のため中止となり、2年ぶりのふれあいピックとなりました。


前日の26日に同会場にて行われた『熊谷ふれあい広場』でお昼を食べて、前日準備のお手伝い(という名のじゃま)も参加。

7人(うち2人は口のみ?)で3時間足らずで、ボッチャコート8コートのライン引き。

何もできない私の仕事は、貼ったラインテープをモップ掛けして剥がれないようにすること。

貼り終わったラインテープの上をモップを押しながら走り、剥がれないように押しつけて行きました。

最初は一直線に走ればいいだけなので楽でしたが、コートが出来上がっていくにつれ、やったのかやっていないのかわからなくなってしまいました。

「そこやった!」とか「こっちやって・・・・・」の声に、走り続けたお手伝いでした。


そして昨日も、朝からスタッフとして会場にいました。

この大会は、初心者向けのため『コールルーム』もなく、私のできる仕事も少なかったですが、本部で1日がんばりました。

例年参加者が多くなり、今年は午前中32チーム・午後20チーム(個人参加を含め)がボッチャを楽しみました。

年々ランプ選手も増え、ボッチャが広まっていることを感じました。


最後の試合が終了すると、昨日(3時間かけて)貼ったばかりのラインテープを一気に剥がし始めました。

貼る時は3時間もかかったのに、剥がすのは(人が多い分)一瞬でした。

「せっかく貼ったのに・・・・・・!」と昨日がんばった人は(私を含め)、誰もが思ったに違いありません。

大会のたびに、そう思っている人がいることに(今さら)気がつきました。

剥がす時の私の仕事それは、ゴミ袋を持って走り剥がしたラインテープの回収。

今までで一番楽で楽しいお仕事でした。(今までなんで気がつかなかったんだろう?)

ひとつでもできることがあることが、嬉しかったです。

また12月の『ふれあいボッチャ』の時もやる気満々のPINKCATなのでした。