fc2ブログ

 「平年より良い開花・・・・・」と言われていた今年(東京)の桜・・・・・・。

ですが、開花予想日が近づくにつれ遅れていき、去年より15日(平年より)5日も遅い開花となりました。

東京に遅れること2日(31日)に、新光苑(から見える運動公園)の開花発表を(勝手に)しました。


そしてその日、熊谷でも開花発表がありました。

開花発表(した)あったとは言え、ほとんどがつぼみのまま・・・・・。

特に私の部屋から見える桜は、硬いつぼみに見えました。


その(私の部屋から見える)桜は、以前から花がついていなかった枝があり、去年の5月に(その枝が)切られてしまいました。

24591_0.jpg

切られてしまった瞬間から、「来年・・・・・元気に咲いてくれ!」と祈り続けていた私でした。


開花発表の4日後の先週木曜日、運動公園への散歩。

日本庭園の桜は、(新光苑側の桜より開花が)早いようで見ごろに近い木もありました。

去年(の同じ時期)は、花びらが(地面に)いっぱいだったことを思いながら、桜の木の下を歩きました。

日本庭園内の芝生では、お花見をしている人もちらほら・・・・・。

日本庭園を1周し戻ってくると、(野球場側から見た)私の部屋から見える桜(の木)の花が見えるように見えました。

DSCN1160.jpg

自分の部屋に戻りその木を見ると、咲き始めの花が確認できました。

(切られてしまった)2本のうちの1本(向かって右)には開花基準となる5~6倫以上(数えられなかった)確認でき、「開花発表~!」と1人で騒いでいたPINKCATでした。

もう1本は、(つぼみは見えるものの)開花には至っていません。


そして今日、平年より5日、去年より13日遅い、満開の発表がありました。


スポンサーサイト



 先日のデートの際のランチ・・・・・。

「公園内で(持ってきた)お弁当を食べよう・・・・・」と話がまとまりました。

去年も、やはり(コンビニ)お弁当でした。

お弁当でいいけどなんか(言いだしっぺなのに)つまんない・・・・・・と思っていました。

そうは言っても、いいもの(アイデア)も思い浮かばない。


「(とんでもないサイズの)おにぎり、いかが?」と

母の話に、記憶がよみがえってきた私でした。

それは、半年ほど前の(新光苑の)出前。

最近流行っているおにぎり専門店のおにぎり・・・・・・。

どんな(サイズの)おにぎりなんだろう?とわくわくしながら、その日を待ちました。

そして現物を見て、まず包み(包装)にびっくり!

今どきほとんど見かけることのない、竹の皮。

その竹の皮を開けると、見たことない(サイズ・ひとつ150gの)おにぎりがど~んと、ふたつ・・・・。

に、またびっくり!

そして脇に、から揚げとたくあんが申し訳なさそうにいました。

その時は、おにぎり(の具)はお任せ(鮭・こんぶチーズ)でした。

とても全部は食べきれなかったですが、両方とも手を付けてしまいました。

またおにぎり(の具)にチーズが、忘れられなくなってしまいました。


そんなことも遠い記憶になりかけていたころだったので、(母の)話に飛びついてしまった・・・・でした。

おにぎり(の具)は数え切れないほどあり、どれにしたらいいのかわからなくなりそうでしたが、そこはやっぱり・・・・・明太チーズを選んだやつ!でした。


K君親子の鮭と焼肉卵黄、私(と母)のおかかチーズと明太チーズ。

撮影後、4人そろってかぶりついたことは言うまでもありません。


26581_0.jpg

K君から「デートしよう!」のLINEがあった、先月半ば。

「待ってました!」とばかりに、(デートの)予定を立てはじめた親子。

日にち(3月24日)と場所(前回(去年)と同じ熊谷スポーツ文化公園)が決定しました。

「今年のさくら(の開花は)早い・・・・・」との言葉に、「(24日ごろは)ちょうど見ごろ・・・・?」と楽しみにしていました。

なのに、開花予定日を過ぎても咲かないさくら・・・・・。

去年(行った時期)より1か月早い公園内は、花たちが目覚めるにはまだ時間がかかるような状態・・・・・。

当日(昨日)は、日向では暖かい、でも風の強い一日でした。

私はK君そっちのけで、以前から気になっていた園内のランニングコースを走り始めてしまいました。

くまがやドームの東側からスタートの赤いウレタンづたいに行くと、くまがやドームのメイン入り口の前を通り、気がつくとラグビー場へ。

さらに走ると、熊谷スポーツホテル『PARKWiNG』が見えてきました。

「ホテルって・・・・ここか!」と思いながら走り、競技場(の裏)を回りスタート(した)位置に30分以上かかり無事に戻って1周することができました。


戻ってきた後はK君と、くまがやドームや競技場のあたりでの追いかけっこ!

追いかけたり、追いかけられたり・・・・・・、まるで子供のように駆け回ってしまった2人でした。

駆け回っていると、突然(K君の)電動(のバッテリー)がキブアップ寸前のアピール!

止まってしまう前に母たちの元へ行こうとするも、「まだ大丈夫!」とのんきに動いていたK君でした。

その後、(K君の)バッテリーは車までなんとか持ちました。


散策コース(390m)、ラグビー場コース(1430m)、陸上競技場コース(2520m)、全コース(4380m)の4コースもあるジョギングコース。

一番長い全コースを走っていたことを、帰り際に初めて知って驚いたPINKCATでした。

今度は、K君と一緒に走りたい!

 先月13日、(私の記憶が正しければ)9年ぶりに、手作りおやつ作りがありました。

ほとんどのレクに参加しない私ですが、出掛けることと食べることが絡むと積極的に参加するヘンなやつです。


その日は、1日早いバレンタインのクッキー作りでした。

ビニール袋に入ったクッキー生地を、みんなでこねこね・・・・・・。

生地が冷たくて、気持ちいい作業でした。

こねた生地で小さな玉を作り、それを潰して・・・・・をしていると、

「味見!」と焼きたてのクッキーが口に飛び込んできました。

「おいしい!おいしい!」と思いがけずラッキー!

作ったクッキーは、厨房で焼きその日の夕食に出されました。

が、みんな自分で作ったクッキーを食べることが出来なかったようです。


そして1か月後の14日は、ホワイトデーでカップケーキを作り!

今度は、自分で作ったものは(責任持って?)自分で食べられるように・・・・・と、カップに名前を書くことからスタート!

(パン用の)いちごジャム・りんごジャム・チョコレートから2種類選び、ジャム・生地・ジャムの順番でカップに入れていきました。

みんなそれぞれ、思い思いの組み合わせで自分のカップケーキを作っていました。

DSCN1145.jpg

私は、チョコレート・生地・いちごジャムの順番で入れ、想像できる味にしました。

カップケーキ作りに参加しなかった人・職員の分まで作り、1時間足らずで終わったおやつ作りでした。


作ったカップケーキは、夕食時に(本人作が)提供されました。

見た瞬間、「わ~っ!」と写真を撮ることを忘れそうになりましたが、手を付ける前の姿を残すことができました。

DSCN1147.jpg

焼きたてだからなのか・・・・・ちょっとやわらかめのカップケーキでした。

ちょっと時間が経てば、硬めになったのかな?なんて思いながら、いちごチョコのカップケーキを味わいました。


手作りおやつ・・・・・またあるといいな!

デモ機(車椅子)に乗って約1か月、自分ではだいぶ慣れ、乗りこなせるようになってきたように思っています。

先月末には、初めて運動公園へ(練習に)と出かけました。

通用門ではなく(表の)門から道路を通り、公園内へと入りました。

野球場の入り口の方からジョギングコースを通り、管理事務所の裏へと出ました。

管理事務所の横には、急(すぎる)勾配の部分があります。

一緒に行った(理学療法士の)Nさんの

「ここ・・・・・行ける?」

との言葉に

「やってやる・・・・・」

と言いながら、ス~と(ふつうに)通り・・・・・自分でもびっくり!

フル電動(車椅子)は違う!すごい!と思った瞬間でした。


その4日後、今度は、

「途中まで行ってみよう!」

と母と我が家へ向かって歩き始めた2人。

車通りの少ない道を選び、新幹線の下(の道)を歩いて行きました。

途中、より車が通らなさそうな道を見つけ進んで行くと、砂利道になり・・・・・草だらけになり・・・・・行き止まりに・・・・・。

「(140号の)バイパスに出ちゃえ!」

とバイパスの歩道に出てみるも、砂利道・・・・・の方がまだ歩きやすいと思えてしまうほどの悪路でした。

草だらけだったり、舗装のひび割れひどかったり・・・・・と、歩道が歩きにくいことを、改めて知りました。

車の通らない舗装された道まで戻り、

「(武体の)セブンで一休み・・・・・」

とがんばりました。

が、セブンにイートインの有無が定かでなかったため、横断歩道を渡り反対車線のファミマへ。

時計を見ると、(苑を出て)ちょうど1時間、距離にして2.6km。


ファミマのイートインで、ティータイムをし、復路のもうひとがんばり!

復路は(まともな)舗装された道だけを通り、35分。

いかに、往路が遠回りだったか・・・・・?

無事に、帰苑することができました。


職員さんに行ってきたことを伝えると、

「えっ?お母さん・・・・・は?歩き?」

「なんで?(お母さんに)電動を貸してあげないの?」

「薄情・・・・・な娘!」

と(もちろんふざけて)さんざん言われたPINKCATでした。