FC2ブログ
熊谷で去年より7日平年より11日も早く咲いた桜は、25日(先週の水曜日)には『満開』の発表がありました。
新光苑から見える『さくら運動公園』の桜も先週の半ばに見頃になり、毎日『お花見気分』で楽しんでいました。

3日前の金曜日には母と(新光苑の)敷地内を久しぶりに散歩し、(新光苑の)中からとは違う『お花見』を楽しみました。
DSCN0179.jpg

その前から「週末は『雪』・・・・・」と、ニュースや天気予報での情報でした。
『雪』の予報が出ても「降らないよ!」と誰もが口をそろえて言っていました。
予報によると、土曜日の夜中から日曜日の午前中にかけて雪。
しかし、昨日の朝(起床時)には雨。
「やっぱりね!」「午後には『曇り』・・・・って(予報が)なってるから・・・・・降らないって・・・・」と朝食を食べていました。
ふと窓に目をやると、白っぽいものが見えるような気がしました。
よく見ると、雪。
「雪だ~!」思わず叫んでしまった私。
「すぐ止むだろう」誰も口にはしませんが、そう思っていた人がほとんどだったと思います。
そんな思いとはうらはら、芝生や植え込みをはじめ、車や屋根が白くなり始めました。
真ピンクに染まった桜の木まで、白くなりました。
部屋から見える桜の木も白くなり、花ひとつひとつに雪。
めったに見ることのできない景色にシャッターを切りましたが、遅かった・・・・・。よくわからない写真になっちゃいました。
DSCN0193.jpg
「開花前の雪なら・・・・・(桜が)長持ちしたのにな・・・・・」と雪の付いた桜を見ながら、思いました。
一時は、アスファルトの地面も白くなるほどの雪だったのに、あっという間に消えてしまった雪でした。
雪が消えたのに、まだ白っぽいアスファルト。
よく見ると、散り始めた桜の花びら。

今日になると、更に花びらが増え、ピンクに見えるほど。
この後まだ、ピンクの地面が続くだろう期待しています。
スポンサーサイト



タイトル

今年に入って初めての、『BOCCIAおもしろMyHistory』です。

これまで4回、今回で5回目となる『BOCCIAAおもしろMyHistory』。

今回から、『BOCCIAおもしろMyHistory』を改め、『BOCCIAIAおもしろOmnibus』として、珍試合や珍事件などを書いていけたらと考えています。


これを書くと、毎回必ず『拍手』が1つだけあります。

「私のボッチャの昔話なんて・・・・・」と思いながらも、『拍手』がもらえるだけで嬉しくなってしまいます。(相変わらず単純な奴)

そんな私に今日も、お付き合い頂けたら幸いです。


今日のお話は、私のボッチャ人生の大恩人の金物先生誕生物語?です。

2006年8月26日、(8回目の)『日本選手権』の1日目(予選リーグ)のことでした。

直前に、その年の秋にマレーシアで開催される『フェスピック』(その年で終了)に出場が決まり、気合いを入れて臨んだ(私にとって4回目の)『日本選手権』でした。

2試合目(たぶん?)、相手は、横浜のNさん。

練習試合などで何回も、戦っている選手。

そのほとんどが私が勝っていました。

その日の試合も、「勝つ!!」と始めた試合でした。

順調に点を稼いでた2END目か3END目(何END目か覚えていない)、変えて1年経ってないランプの足が突然ストライキ(何をやっても動かない)。

高さを変えられないままなんとか続行したそのEND。

END終了と同時に、駆け寄ってきてくれたコーチ。

すぐに『テクニカルタイムアウト』を要求し、応急処置をしてくれました。


『テクニカルタイムアウト』は、試合中に競技用具等にトラブルが発生した場合に取ることのできるタイムアウトのこと。

現在は、『メディカルタイムアタック』と一緒になったとのことですが、当時は、『テクニカルタイムアウト』を単独で取ることができました。


5分間(公式は10分間)、十分な工具もない中でできる限りの応急処置をして、

「後は(試合が)終わってから(なんとか)してやるから・・・・・(がんばれ!!)」

と去っていったコーチでした

試合中アシスタントをしていた母は、「どうやって直そう」それしか考えられなかったそうです。


残りのENDを、応急処置をしたにもかかわらずほとんど動かない足のままのランプで必死に戦い、なんとか勝つことのできた私。

体育館から出ると、試合を見ていた日本ボッチャ協会のスタッフや顔なじみ審判さんたちが、

「よく頑張ったね!」

「大丈夫?」

など声をかけてくれました。

が、動かないランプは、そのまま。

邪魔にならないところでランプを解体していると、

「遅くなった・・・・・(ごめん!)」

とホームセンターの袋を抱えた、のちの埼玉ボッチャ協会のスタッフの先生が近づいて来ました。

「Y先生に頼まれて・・・・・(買ってきた)」

『テクニカルタイムアウト』を要求する前にコーチに、客席にいたそのスタッフがホームセンターへ行くように指示を受けたとのこと。

それを聞いた私は、

「すごい恵まれてるんだ」

「ありがたい・・・・・」

と心から感謝しました。

袋の中からは、金属のすべりをよくするスプレーやヤスリなどの修理に必要だと思われるものが出てきました。


それらのものを使い、買ってきてくれたスタッフやコーチ(Y先生)埼玉ボッチャクラブの選手のお父さんなど数人の力で、ほとんど元の状態に・・・・・。

残りの予選、そして決勝トーナメントへと無事に進むことができました。

ランプはなんの問題もなく決勝戦までがんばってくれたのに私の方が力尽きて・・・・・、金に手が届きませんでした。


しかし大会終了後、日本ボッチャ協会の理事の先生から、翌年にカナダで開催の『ワールドカップ』のメンバーに「推薦したい」とのことを言われました。

そして、カナダへ行くことができました。


その後(今でも)、埼玉ボッチャ協会のスタッフは、『金物先生』と私達親子に呼ばれ続けています。

金物先生は、私のボッチャ人生の『命の恩人」です。

2020.03.16 神の力?

今年の初め、私の『神』が気まぐれで活動している兄弟ユニットが、4月に(これもまた)3年ぶりにアルバムを出すことを知りました。

「まだまだ先だから・・・・・」とファンクラブクラブから届くメールもよく見ないでいました。

「そのうち・・・・・(わかるだろう)」と思いながら、『Mahjong』・『ナンプレ』に没頭していた毎日。

先月初めに「先行予約受付中!」のメールが来ていたのにもかかわらず・・・・・・。


10日の火曜日の朝、メールを見て慌てだした私。

そのメールには、「アルバム、先行予約締切間近(その日を含め3日)!!」とありました。

メールを見たのは、本当に偶然でした。

開いた瞬間、「あ~神様!ありがとうございます~」心の中で繰り返していました。

「やっぱり・・・・神様なんだ!」と改めて思いました。

そのメールにあったURLを思わず、開きました。

オンラインショップへと繋がり、ニューアルバムを含む関連商品が表示されました。

おそるおそるカートにニューアルバムを入れ、会計へ。

しかし、会計へ進むことができません。何回やっても、そこから先には行かず・・・・・。

「なんで・・・・?」

「やっぱり(無理なの)・・・・?」

「あきらめろ!」って・・・・こと?」

「あきらめる?いやそんなこと死んでもできない・・・・・」

パニック状態になりながらもあることに気がつき、入り直したオンラインショップ。

全く同じことをして、会計へ。

今度は、すんなり・・・・・・・。

支払い方法を選び、即終了。

「何だったんだ・・・?」と思うほど、簡単でした。

それは、ファンクラブからオンラインショップへ入り直しただけ。


それは去年大騒ぎして、(当時の)ニューアルバムの予約の時と変わらないことでした。

ただ違うのは、ほとんどをやってもらい見ていただけの去年でした。

が、今回は全て1人で、手続きをすることができました。

そして、どこか達成感で満足のPINKCATなのでした。

これって・・・・・神様の力?

先日、「おやつに・・・・・」と母がどら焼きを買って来ました。

「こういうの買わないから(聖火ランナーとかチケットとか・・・・・)当たらないのかな?と思って・・・・・」

といいながら出したのは、『TOKYO2020』と書かれた箱。


オリンピック・パラリンピックのマスコットキャラクターの『ミライトワ(オリンピック)』と『ソメイティ(パラリンピック)』が描かれていました。


よくいろんなところで目にすることが多くなった、『ミライトワ』と『ソメイティ』。

私が知っているのは、Tシャツやキャップ・タオルにボールペン、そしてぬいぐるみ・・・・・。「いいな」とは思いますが、「買う」という考えはなかった親子でした。

お菓子まであるとは、思いませんでした。

「食べたって・・・・・(当たらないものは当たらない!!)」と思いながらも、ありがたくいただくことにしました。

その週のおやつの日に食べようと、部屋に2~3日置いてありました。

私の部屋によく出入りする人はすぐ気がつき、

「こんなのあるの?」

「中に(焼印)あるのかな?」

「これ食べたからって当たるわけじゃない!」

と言いたいことばかり。

「応募券でも入ってるんならいくらでも買ってくるけど・・・・・」

そんなことまで言われていました。


焼印があるのか見た目(袋のまま)ではわからなく(食べるのを)楽しみにしていた私に、

「これ(焼印)ないよ、(袋が)透明じゃないから・・・・・」

と言ってくる人まで・・・・・。
「(焼印)あったら写真撮ろうと思ってたのに・・・・・な~んだつまんない!」

とがっかりしてしまったPINKCATでした。

が、その週末、美味しく頂きました。

はちみつが入っていて(他のとはひと味違い)おいしいどら焼きでした。

そのどら焼き(ソメイティ)は、『文明堂』。

DSCN0160.jpg

 最近、ハマってしまったものがある私です。

それは、PCでできるゲーム。

そのゲームを知る前は、『mahjong』というパズルゲームを自分で見つけダウンロードし、毎日のようにやっていました。


mahjong』は、早く言えば神経衰弱。

同じ牌を消していくだけの単純なもの。

全部見えているので(トランプのより)簡単!だと思いがち。

ですが、何個も重なりあっているので先を考えながら、消さないと消せなくなってしまうことがあります。

思った以上に頭を使う、ゲーム。

1年以上やっていて「飽きた・・・」とは思ったことはありませんが、「違うゲーム、なんかないかな?」と思い始めた1月の末、あるゲームを教えてもらいました。


そのゲームも、『mahjong』以上に単純!

1~9の数字を9×9のマスの中に入れていくだけ。

しかし、縦・横・そして決められたブロック(3×3が基本)に同じ数字を入れることはできません。

「1~9なんて(簡単!)」なはず・・・・・なのに、数字が読めなくなり何が入るのか(入れればいいのか)わからなくなります。

はじめは、

「なれてないから・・・・・」

「続けていれば・・・・・」

と思いながら、はや1か月。

未だに見えなくなってしまいます。

「私って・・・・(数字がこんなに読めなかったんだ!)」

と、少し(かなり)ショック・・・・・。


基本のもちゃんとできないのに、変形のブロックのものに挑戦し、倍いや3倍以上の時間を費やしている今日このごろです。(もちろん『Mahjong』も毎日やってるよ!)

そんな私が狂ったようにハマっているゲームそれは、『ナンプレ』。(数独ともいう)

スマホでもできるので、やっている人も多いようです。

「ブログを書く時間も削ってまで、本当はやりた~い!」

と思ってしまう、こんな私は『ナンプレ中毒』?この後、やるぞ~!!