FC2ブログ
 11月23・27日、ちょっと変わった日程で「第8回関東ボッチャ選手権・千葉大会」が開催されました。
日にちもとびとびなら、会場も違うという大会でした。
23日はポートアリーナだったのですが、祝日でディズニーランドに行く人が多く、高速が混んで(ほとんど動かない状態)いて受付に間に合うかもわからないほどでした。
渋滞に巻き込まれたのが私だけでなく、埼玉の選手・スタッフがみんな被害に会いました。
それでもなんとか間に合い、大会には影響はありませんでした。
今回の大会は今年の2月に埼玉でやったものと同じもので、今年度分でした。
埼玉の時と同じように3人リーグが3リーグあり、各リーグの1位と2位の1番が、決勝トーナメントに進むことができました。
前回、優勝した私は、リーグを2勝で終え(「試合内容がわるい」とみんなに怒られながら)、なんとか決勝に残ることができました。

そして昨日、準決勝から再開でした。
前回の決勝戦の相手が、準決の相手。
「今度こそ「0ゲーム(相手に得点を入れられないこと)」を!!」と気合いを入れて臨みましたが、やはり1点取られました。
続く決勝は、国内の大会で当たらないことはないと言ってもいいほどよく当たる同じクラブのN君。
この2日間で楽な試合しかしてない私にとって、一番疲れた試合でしたが、一番楽しかった試合でした。
それは、逆転して勝ったからだと思っています。
そして日本選手権と同じ色のメダルを手に入れました。
P2011_1127_201152.jpg
ちょっと変わったメダルなので、写真撮ってみました。
大きなリボン、珍しいでしょ?
スポンサーサイト
 私は最近、更新日以外やたらと自分のブログを見ないようにしようと努力しています。
自分でカウンターをあげないように、しています。(ぞろ目やきりばんが近い場合をのぞく)
最近カウンターに勢いがないため、8のぞろ目はまだだろうとのん気にしていました。
2.3週間前、あわてました。
1週間で「20」近く増えていました。
その後も「あれよ、あれよ」という間に「880」代に・・・・・。
ここできたら、「888」を見ないわけに行きません。
しかし・・・・・、880代になったとたん、ピタリと止まってしまいました。
「みんな見たいためにわざと見ないんだ」と思い計算までして、金曜日のPM2:00に開けました。
開けて思わず、キーボードの上に倒れこみました。
「891」になっていました。
その後、狙っていて私の周りにいる人に「見た?」「ねえ、見たの?」と聞いて回りました。
「見てない」「いつ、なったの?」「取られた~」という答えばかり・・・・・。
どこかで「やった~」とか、「しめしめ」とか喜んでいる人は一人いるはずです。

気持ちを切り替えて、「900」を狙っていますが・・・・・。
今(PM2:00)現在、「899」です。
3桁最後のきりばん、みた~い。
「4桁になると難しいから、見ておきたい」と言ったら「難しいから価値がある」「難しいから面白い」と言われました。
とにかくひとつでも多くの「きりばん」、「ぞろ目」、「連番」などなど、見られるようにがんばります。
狙っている方もがんばりましょう。
11月14日、埼玉県民の日。
一日毎に寒くなり、毎日「最低気温」が「この冬、1番」というニュースをよく耳にする季節。
多くの家で、ストーブやコタツを出し始めていると思います。
新光苑では先週、ボイラーを新しく取り替えました。
金曜日に工事が終わり、さっそく「床暖房」を入れました。
新光苑も23年になり年々、床暖房の効きが悪く寒い時もありました。
それでも今までもそれなりに暖かく、ちょっと動くと汗が出る温度でした。
金曜日、いつもの調子で、毛布1枚(苑以外の人からみれば信じられないと思う)で、寝ました。
「暑いな」と思いながら、朝になりました。
その日は出かけて、夜9時ごろ帰苑しました。
入ったとたん「あっちー」思わず、口から出てしまいました。
苑内は暑くて大騒ぎ。
次の日の朝(昨日)、自分の電波時計(れいの)の温度を見たら、32℃近くありびっくり。
今日も今、28℃あります。
寒くて震えるのも大変ですが、暑くて(冬なのに)汗かくのもおかしな話です。
他の人からみれば、「なんて贅沢な悩み」と言われそうですが・・・・・。
暑さとの戦いは、つづくでしょう。
 今年も11月3日に、新光苑の文化祭がありました。
「文化祭で仮面舞踏会」というタイトルで、利用者はもちろん、職員・保護者・全ての参加者が仮面をつけていました。
私は自分で仮面を作りました。
PINKCATをイメージして作ったのですが、私はかぶり物がにがて(どうしてもかぶれない。ボッチャのヘッドギアだってやっとかぶっている)で、気がついたらどっかにいっていました。
みんな仮面をかぶっているため、自分の親がわからなくなり(私だけ?)迷子になり、笑われました。
今年も個人作品に力を入れている人が多く、参加した人たちは熱心に見ていました。
私は「数うちあたる」と、2つの作品を出しました。作品の大きさだと想いますが、「優秀作品賞」をもらうことができました。
作品は、模造紙6枚にボッチャの世界のことをまとめただけです。
もう1つは何回も失敗している「モナリザ」。未完成ですが、自分の名前を題にして出しました。
それが受けたのだと思っています。

来年こそ、完成品で(最優秀作品賞)狙っています。