FC2ブログ
 2週間ほど前の練習の帰り、のどが渇いてペットボトルの飲み物を車の中で飲みました。
その日の練習は近くだったので、車イスのまま乗っていました。
ペットボトル1本(しかも炭酸)を飲みきれず、走り出すことになりました。
「後で飲めば言いや」と考えていると、母が「ここに入れたらのめるんじゃない?」とたたんである後部座席のシートの隙間に差し込んでくれました。
「飲めたら飲んで」といいながら、運転し始めました。
「大丈夫かな?」と思いましたが、私もけっこうな『チャレンジャー』だから飲んでみました。
私が思っていたより、しっかり固定されは走っている間も動いたりこぼれたりはしませんでした。
「こぼれたらどうしよう」とか、「こぼさないようにしなきゃ」とか思い、信号で止まるのを狙って飲んでいました。
それでも新光苑についてもまだ残っていたほど、慎重でした。

そして昨日も全く同じことをしました。
ただ違ったのは、『慎重さ』が消えていたことでした
。走っている時に平気でちびちびしたり、一気飲みしたり、母の運転中にやりたい放題。
一人で楽しんでいました。

「置いとけば飲めるんだったら、遠出の時に楽かもね」の一言に、「遠出の時は前(助手席)でしょ?」と言い返してしまいました。
「前に乗ったときもなんとかならないか」と考え始めたPINKCATでした。(ホントにできないかな?)
スポンサーサイト



 先週の木曜日、3月14日WHITEDAY。
新光苑では『料理クラブ』があり、『クレープ』を作りました。

今までにも月一のペースでいろんなものを作ってきました。
先月のVALENTINEには、『チョコレートパフェ』でした。
その時はいろいろあり、介護棟へ行った時には『いただきます』の後でした。
その事があり「絶対最初から参加してやる」とひとりで張り切っていました。
7~8グループ(いくつあったか数えられない)に分かれ、クレープ生地の上にチョコレートムースや生クリームでデコレーションしていきました。私のグループで「アイス、アイス、アイスがほしい」と騒いでいると、チョコレートアイスが出てきました。
「バニラがよかったな」とか、「(チョコレートばかりで)チョコチョコしちゃう」とか言いたいことをいいながらも、オリジナリティーたっぷりのクレープができました。
「せっかく作ったのにもう食べちゃうの?」という人もいれば、気がついたときにはお皿の上には何もない人もいました。
私はというと、「お願い、写真とって・・・・・」を繰り返していました。
やっとの思いで撮ってもらった後は、口の周りを茶色にしながら、思いっきり味わいました。



IMG_1301-1.jpg




今月の『料理クラブ』が終ったばかりなのに、「来月は何かな?」と思ってしまいました。
2013.03.11 プリンター
 半年も前(いやもっと前)からプリンターがおかしく、インクを変えたりたたいてみたりとなだめながらも、文化祭・かわら版・年賀状などの印刷をなんとかやっていました。

先日の『川本公民館祭り』の作品で使った写真や資料も「色が悪いけど、しょうがない」などと言いながら、印刷しました。
それを母に見せたところ「ひどい、ひどすぎる」と全部家のプリンターで印刷しなおされてしまいました。(家のだって同じようなものなのに・・・・・)
当日、作品を見てビックリ。
同じものとは思えないほど、きれいに印刷されていました。
「プリンターだけでこんなに違うんだ」と思いました。

そしてその足で『ヤマダ(電機)』へプリンターを見に行ってしまいました。
私が今まで使っていたのは最小限の機能しかない、小さなものでした。(置く場所が狭いため)
「印刷がきれいにできればいいや」と思っていましたが、「コピーぐらいあったほうがいいよ」と母。
「大きくなっちゃう」と何回も繰り返した私でした。

ふと、目に留まった小さめのプリンター。コピー、スキャナーがついていました。
それなのに、使っていたのと同じか、小さいかと思う大きさでした。
「これならおける」と思ったら、さっきまでの「印刷ができればいい」と思っていた自分が消えていました。
そのプリンターとしばらく見つめあい、「(部屋に)行く」という声を聞き、連れて帰りました。

そして3日後にセッティングしてもらい、さっそく1枚写真をプリントアウト。
使い方もよく分からないのに、プリンターの方が自分でやってくれたように見えました。
その写真を見て、(きれいに印刷されていて)嬉しくなってしまいました。

コピーやスキャナーも「早く使ってみたい」と思っているPINKCATでした。
3月2日(土)~4日(日)、川本文化会館にて『川本公民館祭り』が開催されました。
毎年この時期に開かれている行事で、我が『川本ボッチャクラブ』も3回目の参加となりました。

今年は『2020TOKYOOLYMPIC・PARALYMPICS招致』をテーマに、写真などを中心に展示しました。
3回目ということで『ボッチャとは?』の説明を省きました。
前の日に母が飾り付けをしていると、「『ボッチャ』って何なの?」と聞いて来る人が多かったようです。
私も「書いたほうがいいんだろうな?」と思いながら、「しつこいのかな?」と書きませんでした。
「書いたほうがいい」と母に言われ、「やっぱり・・・・・」と思ってしまいました。

各団体がいろいろな展示をしている中を見て回る『スタンプラリー』をやっていて、全部を回ると「ものもらえるよ」の声についついやってしまいました。
「何がもらええるんだろう?」と思っていたら、『おとなのふりかけ』でした。

FJ3101340001.jpg
これが『川本ボッチャクラブ』の作品です。
今東京では、『IOC』の『現地視察』の真っ最中です。
東京が、いや日本が『開催地』になれますように・・・・・・。