FC2ブログ
 一昨日・昨日と2日間にわたり、『埼玉ボッチャクラブ』の強化練習会が『川島ひばりが丘特別支援学校』で行われました。
参加選手全員での総当りの練習試合を中心に、練習会が開始されました。
1試合のあとの昼食時に、『不戦勝(敗)』の話になりました。

先日の『埼玉ボッチャ選手権』の『車椅子投球クラス』で1人不参加の選手がいました。
不参加の選手のいたリーグのほかの選手は、もちろん『不戦勝』となりました。
今までは、『不戦勝』(コールアウトも含む)の場合、スコアは6-0でした。
今年の1月からの新ルールでは、そのリーグ(またはトーナメント)の『最大得失点差』になるそうです。

『埼玉ボッチャ選手権』では13-0という試合があったため、『不戦勝』になった選手全員に13点が入りました。
私は『不戦勝(負)』のルールが変わったことは知っていましたが、何回読んでもよくわからなく「聞いてみないと・・・・・」と思いながら、聞く機会がありませんでした。
説明してくれてるコーチの話を聞いても、はじめは理解に苦しみ何回も聞き返してしまいました。
やっと理解しルールブックを読み返してみると、理解できなかった自分は「なんだったんだろう?」と思ってしまいました。
そして『不戦敗』は、「何があろうとも絶対やってはいけない」と思いました。
『不戦勝』の場合は、その他の試合で「点を取っておくべき」と思いました。

どんな時でも、『得点』の多い『失点』の少ない試合ができれば最高です。
そんな試合をひとつでも多くできるように、がんばります。
スポンサーサイト



 6月21~22日、『川越市総合福祉センター『オアシス』』を会場に『第7回埼玉県ボッチャ選手権大会』が開催されました。
例年通り、『車椅子投球クラス』・『ランプ投球クラス』・『立位投球クラス』での熱戦が繰り広げられました。

『ランプ投球クラス』は、今大会がデビュー戦となる2人の選手を含め7人の2リーグでの予選からスタート。
私のいるリーグに新人2人が入り、4人リーグ。
もうひとつのリーグは、3人でした。
私は新人さんと危ない試合をしながらもなんとか勝ち、決勝進出を決めました。
予選最後の試合は、Yちゃんと。
試合の前に、もうひとつのリーグから上がるであろうYさんに、「誰と(の試合)がいい?」と聞かれました。
誰とになっても苦戦になることはわかっていたので、答えをごまかしYちゃんとの試合に入りました。
この試合に負けてはいけないと(鼻息が荒くなるほど)必死になり、3勝目を挙げました。

リーグ1位の私は、いつも一緒に練習しているHちゃんとのSF(準決)。
もうひとつは、YさんとYちゃん。

いつもの練習はいい勝負なのに、Hちゃんにボロボロにやられ負けました。
Yちゃんと今大会2回目の対戦。
ここで負けたら何もならないと、1回目よりさらに必死で戦い、やっとの思いで勝ちました。
そしてだいぶ色の悪いメダルをもらうことができました。
622.jpg

メダルをもらった後のコーチの「今回の試合の中で今(yちゃんとの2回目の試合)のが一番良かったぞ」のひとことが嬉しかったです。

5試合中1試合しかよくなかったと取ることもできますが、1試合でも褒めてもらえれば、今後に繋がるのかななんて考えています。
なんてポジティブな奴。

次の試合に向けて、練習あるのみです。
一昨日、用事があって群馬へ行きました。
その用事を無事に済ませ、夕飯を食べて帰ることにしました。
車椅子のため、ふつうのお店(1件屋のお店や、階段等のあるお店)は入れません。
『イオン』等のショッピングモールなら、車椅子が入れないことはないし、トイレも絶対あります。

帰り道にあったショッピングモールに、寄りました。
その中の『フードコート』で食事をして、デザートにアイスクリームまで食べました。
そして『フードコート』を出ようとしたときに、出入り口にあるお店の看板に吸い込まれてしまいました。
その看板には、『【期間限定】イチゴカルピス』とありました。
最近、『カルピス』にハマっている私です。
その数時間前に『カルピス』に逃げられ、ちょっとがっかりしていたところでした。
「『カルピス』が呼んでる」と思い(んなわけない)、買ってしまいました。
買ってからよく見ると、中に何か入っています。
飲んでみると『タピオカ』でした。
『タピオカ』は邪魔だと思いましたが、ひと口ふた口と飲んでいるうちに、不思議な触感に楽しくなってしまいました。

残り少なくなり、それでもストローでいきおいよく吸うと『タピオカ』が入ってきました。
しかし入った瞬間、なんか違う。
なんか冷たい。
それは、氷のかけらでした。
それを母に言うと「さっから氷ばかり」とふつうに答えられてしまいました。
氷も一緒に最後まで飲み干し、大満足で帰りました。

また飲みたいな~。
 一昨日の土曜日、久しぶりに地元の体育館での練習でした。
もう10年も使っている体育館ですが、最近、玄関の外のスロープを直していただきました。
タイルのスロープとアスファルトの継ぎ目のところがタイルの方が高く、車椅子のキャスターが上がれず毎回危ない思いをしていました。
そこの段がなくなり、スムースに行けるようになりました。

そのスロープを上がり玄関を入ると、もうひとつスロープがあります。
中のスロープは下駄箱の前にあり、幅もせまいです。
「あぶない」と思いながら、上がります。
帰りももちろんそのスロープを下ります。
下りる時に毎回「気をつけてよ・・・・・」と母に言われます。
言われてもいつも変な下り方で、これまた毎回怒られていました。
そのスロープは、ガラスの壁の前にあるので、まっすぐではなく少しカーブしています。
カーブしていることに気がついたのが、つい最近のことでした。(10年もわからないなんて・・・・・、バカな親子)

1ヶ月ほど前に、「よく見てよ、いつも言ってるのにわかんないの?」とまた怒られたので、「行きたくないのに、行っちゃうの!!」と怒ってしまいました。
私が怒ったことで、カーブしているのがわかったのでした。
しかも、横に少し傾きながらカーブしているので車椅子が必ず吸い込まれます。
吸い込まれて後ろのタイヤが下りきらないうちに、滑り落ちてしまいます。
スロープのせいだとわかり、なんとなく勝ち誇った気分でした。

そして一昨日の帰り、一人では怖いので母に車椅子を押さえてもらいながら下りました。
押さえてもらっていても吸い込まれてしまいました。
「私が悪いわけじゃないってわかるよね?」の私の言葉に大きくうなずいた母でした。

スロープが怖いからと言って練習しないわけにいかない・・・・・。

もうすぐそのスロープよりこわ~い『埼玉ボッチャ選手権』です。

新光苑には、『選択メニュー』というものが月1~2回あります。
先週の水曜日廊下のホワイトボードを見ると、『VIKINGRESTAURANT』というポスターが貼られていました。
「どこかのレストランのチラシ?」「こんなレストランができるんだ」と思いながらよく見ると、新光苑の『選択メニュー』のことでした。
「やったー」と声に出してしまいました。
喜んだつきの瞬間、日にちを確認してしまいました。
私がいない日のことが何度かあったからです。
その日は5月30日でした。
30日と言われても・・・・・、曜日がわからない・・・・・。
「土曜日だったらどうしよう」と一人であわてていました。(『選択メニュー』が土曜日のわけないのに・・・・・)
落ちついて考えればすぐわかるのに、「なにやってんだろ」と自分で自分を突っ込んでしまいたくなりました。

いつもの『選択メニュー』は、事前に選択し、「好きな方を1つ」がほとんどです。
『VIKINGRESTAURANT』のポスターのメインは、『カレーライス』『ハヤシライス』とありました。
トッピング』には、『ウインナー』『スクランブルエッグ』『とろけるチーズ』。
そして『デザート』は『ミニケーキ』で、『ミルクリッチオレンジ』『ブルーベリーショコラ』の3種類。
いつもの『選択メニュー』だと、どれか1個。
その日のお昼に、「ケーキだけ選んで・・・・・」と言われました。
「3つ食べられるけど、全部食べる?」の言葉に、にやっと笑ってしまいました。

そして当日、「『バイキング』だから何でもOK」でみんな大騒ぎ。
ほとんどの人が『トッピング』を3つのせていました。
Ⅱ課の方では、『ダブルがけ(カレー・ハヤシ)』もあったそうです。
私は、『カレー』の全部のせの3つケーキを、食べました。

「またやってほしい」と思ってしまいました。