FC2ブログ
2015.08.31 ハードな買物
 8月27日(木)、『外出レク』で『太田イオン』に行きました。

私は買物によく行く方ですか、『太田イオン』には行く機会がありません。
「前、行ったのいつ?」と考えてみると、9年前でした。

9年ぶりの『太田イオン』に行くにあたり、行きたいお店があるのかを、ネットで調べてみました。
「(行きたい)お店がない」と騒いでいると、「あるよ」と一緒に行く職員さんが教えてくれました。
その一言で安心して行けました。

当日は思ったより時間がかかってしまい、着いたら11時でした。
時間があるようでないのが、この『外出レク』。
店内に入ると、早足で目的のお店を回りました。
お昼も『フードコート』でかきこむように食べ(それでも、食べたいものはしっかり食べ)、買物へと戻りました。
時間ギリギリまで店内を走り回り、車椅子に掛かりきれないほどの荷物をかけられました。

時間がないのに、ちゃっかり『お茶』までして・・・・・。
(荷物の重さで)ふらつきながら、車へ乗り込みました。
「もっとゆっくりしたかった・・・・・」と言いながら、帰って来ました。
とてもハードな買物でした。
スポンサーサイト



 先日、出かけ先であるトラブルが起きました。
それは、車椅子に乗っていればいつでも誰にでも起きることです。
いや、タイヤがあるものに乗っているすべての人に起きることです。
以前にも起きたことも、巻き込まれたことも何回もありました。
いつどこで起きるかわからないため、その処理のためのセットを持ち歩いています。

ふとタイヤを見ると、少し潰れていました。
「空気ないのかな?」と言いながら、空気入れ(セットのひとつ)を取り出しました。
取り出したはいいが、使い方がわからない・・・・・。
というか、今の車椅子になって初めて使うのです。
以前の車椅子とタイヤのスポークの形状が異なるため、タイヤに差し込む空気入れの先が合いませんでした。
それまで「(そのセットさえ)持っていれば大丈夫」と思っていました。

いくら持っていても、合わないものではどうにもなりません。
しかし今回使えないことが分かったことだけでも、よかったのかな?と思いました。
空気入れの先さえ合えばすぐ解決することなのに、手元にないことで大騒ぎになってしまいました。
その帰り道『ホームセンター』に飛び込み、空気入れの先を買いその場で解決しました。

今回のことで、空気入れの先が『口金(くちがね)』ということ、『口金』に形があることを知りました。
このトラブルが、「今でよかったな・・・・」と心から思いました。
そして「めったに使わないものだけどないと困るものなんだ」とも思いました。
これで安心して『遠出』ができます。
2015.08.18 PCでラジオ
最近、PCで『ラジオ』を聞くことを覚えました。
以前からPCを使ってCDを聞いていました。

CDをPCで聞けることを知った時は、世の中が変わりました。
私は、CDを自分で入れる・入れ替えることはできません。
PCにCDを入れることで、入れ替えるのと同じように好きなCDを聞くことができるようになりました。

好きなアーティストを中心に、50枚以上のCDを入れて楽んでいます。
しかしどんなに大好きなアーティストでも聞き続けると、「他のものが聞きたい!!!」

そんな時、母に「ネットで『ラジオ』が聞ける」と聞きました。
聞き始めると、いろんな情報が聞けるのでおもしろいです。
また、時刻や天気予報などもありがたいです。
私が好きなのは、音楽が多い番組です。
「いつもと(聞いてる音楽が)違うじゃん」
「どうしたの?」
「飽きたの?」
などと言われてしまうこともあります。

そんな言葉に負けずラジオを聞いていると、聞きなれた曲が流れてきました。
私のPCからいつも流れている曲でした。
いつも飽きるほど聞いている曲なのに、ラジオから流れて来るだけで嬉しくなってしまいました。
「やっぱり、好きなのかな?」と再確認してしまいました。
好きな音楽やラジオをうまく使い分け、PCの時間を楽しみたいです。
 『熱いぞ!!熊谷』のごとく、毎日の『猛暑日』。
その暑さを理由に、『埼玉選手権』以来、練習をサボっていました。

一昨日、3週間ぶりの練習でした。
『熊特』では暑くてとてもできないため、『群馬県立ふれあいスポーツプラザ』の冷房の効いた体育館を取ってもらい、『熊谷ボッチャクラブ』のメンバーでの練習でした。

『群馬県立ふれあいスポーツプラザ』は、『埼玉県障害者交流センター』と同じような施設です。
『交流センター』は、練習ではなかなか使えなくなってしまいました。

『群馬県立ふれあいスポーツプラザ』に着くと、すでに3人が練習を始めていました。
「やっぱり涼しい!!」(当たり前)
と言いながら、準備を始めました。
が、時計とにらめっこしながらの1時間でした。

お昼は、施設内のラウンジで食べることができます。
そこには、『お茶』や『お湯』などもあり、自由に飲むことができます。
涼しいだけでもありがたいのに、『お茶』や『お湯』まであるなんて・・・・・、まるで『天国』。
そんなところで楽しい『ランチタイム』の後は、まじめに練習。
hちゃんとゲームが始まり、大量点のチャンス到来。
誰がやっても4~5点は取れる状況だったのに、1球の失敗のためにそのチャンスを台無しにしてしまい、1点しか取れませんでした。
その後の2ENDでは6点取れましたが、6点取れたことより、1点しか取れなかったことを、いつまでも母に言われました。

続いてHちゃんとのゲームの準備をしていると、思いがけないトラブル発生。
普通なら2~3分で終わることなのに、帰ることにまでなってしまうほどの大騒ぎになってしまいました。
「これもhちゃんから6点取っちゃった罰?」と笑いながらいうと、
「いや、1点しか取れなかった罰じゃない?」と厳しい母でした。

そのトラブルがなければ、言うことない1日でした。

また3週間後に、行く予定です。
8月2日、『第21回深谷花火大会』が『深谷市役所・川本支所』前の荒川河川敷にて、開催されました。
朝から『雷雨』の予報にドキドキしながら、会場に隣接する『川本図書館』に着いたのは4:30前。
打ち上げ開始予定の7:00まで、図書館で時間を潰していました。

図書館の窓から、屋台等が立ち並ぶ広場が見えました。
その広場がだんだん賑やかになっていくころ、怪しい空模様に・・・・。
「降ってくるの?」と言っていると、外にいた人たちが一斉に図書館の中へなだれ込んできました。

「やばい、今のうちに乗っちゃおう」
と降り出した雨の中、車に乗り込みました。
その前から「ゴロゴロ・・・・・・」していた空は、より一層「ゴロゴロ・・・・・・」。
「ゴロゴロ・・・・・・」しているばかりで、ザーッと来ない。
「ザーッと来れば(花火)できるのに・・・・・」
と、その場にいた誰もが思っていたにちがいありません。

時計の針は、7:00。
「ただいま調整中」
のアナウンスの声に
「時間つなぎ・・・・・・」
とばかりに、ゴロッピカッドンドン。
「俺様の『花火』の方がきれいだろ?」
と思いっきりのパフォーマンス。

『花火大会』の本部も「できればやりたい・・・・・」と空とにらめっこ。
30分のにらみ合いの末、大会本部の強行突破。
尺玉・スターマインが上がる中、「負けてたまるか・・・・・・」とピカッピカッバキバキバキーッ。
見物客は、
「オーきれい、キャーッ」。
花火と彼らの競演は、20分ほど続きました。
次から次へと上がる花火に圧倒された彼らは、最後に『よこびかり』を残し、しぶしぶ去っていきました。
彼らを追い払った花火は、それを祝うように夜空いっぱいに花を咲かせていました。

その花火を見ながら「これって自分の方を向いているけど、どこから見ても同じなのかな?」と不思議なことを思ってしまいました。
30分遅れで始まったため、最後までは見ることができませんでした。

帰り道である『国道140号』の端には、車の列。みんな花火を見る車でした。

今日になると、「よく(花火)やったよね・・・・・」といろんな人に言われました。
会場の周り(上柴・籠原・小島など)は、すごい雨のようでした。