FC2ブログ
9月27日、『熊谷スポーツ文化公園』にて『彩の国ふれあいピック・秋季大会』が開催されました。
『くまがやドーム』の体育館では、例年通りの『ボッチャ』が行われました。
以前は大会形式だったこの『ボッチャ』ですが、去年から『ボッチャ体験』に変わりました。
『埼玉ボッチャクラブ』のメンバーも、例年通りの母(審判)の付き添いで、会場にいました。

今年も多くのボランティアさんに、お手伝いしていただきました。
そのボランティアさんのほとんどが、『ボッチャ』初体験のようでした。
初体験でも、ちょっと教われば誰でも簡単にできるのがこの『ボッチャ』。
体験の選手が集まるころには、立派な審判になっていました。

体験の試合が始まると、あちらこちらのコートから歓声や拍手等が聞こえていました。
チーム戦の体験でしたが、個人参加の選手がその場でチームを作り、参加していた選手も多く見られました。
1試合終わったチームもまた並び、2試合目3試合目と楽しんでいました。

午後からは、車椅子でない選手の体験でした。
手や足の動きのいい選手が多く、『OPEN』以上の速さでの試合がありました。
それをみて、「私がジャックを投げるころには、終わっていそう」と思ってしまいました。
そんな早い試合も、両チームとも真剣に戦っていました。
また、選手のいないコートでは、ボランティアさんを中心に審判さんたちも、体験していました。

この『ふれあいピック』をきっかけに、選手や審判が増えてくれることを期待しています。
スポンサーサイト
2日前に更新したばかりですが・・・・・、今月やっと2回目の更新です。

昨日、『埼玉県障害者交流センター』にて、『日本障がい者スポーツ協会』主催の「障害者スポーツ普及・啓発事業『つながるために!広がるために(^^)/』というイベントがありました。
これは、「『障害者スポーツ』を知ってもらおう」というもの。
いろんなスポーツ体験コーナーの中に、もちろん『ボッチャ』もありました。
その『ボッチャ』の体験コーナーで、お手伝いをしました。

小学生や高校生を相手に、約1か月ぶりのボッチャに気合が入ってしまいました。
ほとんど初体験の人たちに本気で戦い、『埼玉ボッチャクラブ』のスタッフに「本気になるな」という顔をされました。

そんな顔をされながらも体験コーナーで十分なアップを済ませると、『メインイベント』(このために行った)である『スポーツショー』へと入りました。
ジャックボールにたった1球つけるだけの、簡単なショー。
Yちゃんと2人同時に、同じジャックボールに付けることができるか・・・・・。
Yちゃんも私も今まで何万回とやっているから『朝飯前』のはず。
しかしそれは、1球のみの『タイブレイク』より恐ろしいものでした。
「ジャックボールに見事付けることができましたら、拍手をお願いします」のひと言が、ますますプレッシャーになって行きました。
Yちゃんが投げるタイミングを見計らい投げたつもりがワンテンポずれてしまいました。
Yちゃんのボールが見事に付き、大きな拍手。
その拍手の中、私のボールもジャックボールに吸い込まれました。
その瞬間、より大きな拍手が起きました。
その拍手の中、荷物をまとめて立ち去る私たちでした。
続いて『ウィルチェアーラクビー』や『アンプティーサッカー』・『車椅子バスケ』等のショーに、会場は大いに盛り上がりました。

初めて参加したイベントでしたが、一日楽しく過ごすことができました。
また、『ボッチャ』のことを知ってもらえる『お手伝い』ができたことが、とてもうれしいです。

今後も、楽しい『お手伝い』に声をかけてもらえるようにがんばって行きます。
9月第3火曜日になってしまいましたが、今月初めての更新です。

前回の更新の直後、私の身体の中に『厄介者』が飛び込んで来ました。
その『厄介者』を「好き」という人は、たぶん(100%)いないでしょう。
誰からも嫌われるその『厄介者』。
嫌われれば嫌われるほど、「誰でもいいから身体の中に入り込みたい・・・・」と狙っているものです。

誰もが狙われないように、気を付けながら過ごしていると思います。
しかし「スキあらば・・・・・・」とぬかりのないのが、『厄介者』のいやなところです。
あきらめがわるいのなんて、まるで誰かさんみたい・・・・・。

入り込んだ『厄介者』を追い出すのに私ができることは、ただひとつ。
それは言うまでもなく、おとなしくしていること。
この3週間おとなしくしているのに、まだいるしつこいやつ。
しつこいのは、私も同じか・・・・?
「早く出て行ってくれないか?」と交渉している毎日です。

「今ごろ、『厄介者』に付きまとわれているなら、この冬は大丈夫」と思っています。
しかしそういうことを思っていると、すぐ入り込んできます。
『厄介者』に狙われないように、元気に過ごして行きたい・・・・・。