FC2ブログ
 先日出かけた帰りに寄った、サービスエリア。
そのおみやげコーナーを通りかかり、あるものと目が合ってしまった私。
それは言うまでもありませんが、『KITTY』でした。
タオルやストラップ、靴下などはどこにでもあるものなので、目が合っても騒ぎません。
その時目が合ってしまったものは、お菓子でした。
いくつかの種類がある中で、『イチゴゴーフル』から目が離せなくなった私でした。

以前に友達からもらった、『KITTYゴーフル』。
その後、いろんなところへ行くたびに、『KITTYゴーフル』を探してしまう私がいました。
『日本選手権』で神戸へ行った時も、「「神戸で買った」って言ってたけど、あるかな・・・・・?」と探してしまいました。(そんなことしてるから勝てない・・・・・)
『神戸駅』にはふつうの『ゴーフル』はたくさんありました。
が、『KITTYゴーフル』はありませんでした。
それから約1か月・・・・、探していた(あきらめたわけではない)わけではありませんが、出逢ってしまいました。
「ここであったが100年目・・・・・」と迷わず購入。

そして昨日の日曜日、私にとって2か月ぶりの苑での『おやつの日』。朝から、ウキウキしていました。
「今日のおやつなに?」と聞かれました。
聞いてきた人がこれまたKITTY好きのSさん。
「絶対教えない!!取られるから・・・・・・」「そう言われると、ますます気になる・・・・・」とおやつ直前までやりとり。
何人もいる職員さんなのに、私のおやつを用意をしたのがSさん。「いいな!」と言いながら、封を開けました。

友達からもらったゴーフルの表面は、『GAUFRF』と書いてあるだけでした。
その時、「『KITTY』が書いてあったりKITTYの顔が描いてあったらかわいいのに・・・・・」と思いました。

封を開けると、ゴーフルの表面にKITTYの顔の絵が描いてありました。
それを見た瞬間、「かわいい・・・・・こうでなくちゃ・・・・・」と1人で言いたくなるほどでした。
そして、Sさんの前で、ニヤニヤしながらたいらげました。

またどこかに行ったら、探してしまいそうです。
スポンサーサイト



 昨日の17日、今年最初の大会である『ボッチャ大会』が、王子の『東京都障害者総合スポーツセンター』にて開催されました。
この大会は初心者が対象の大会で、『交流』・『OPEN』の2クラスで行われます。

埼玉の『ふれあいボッチャ』や『多摩ボッチャ大会』と同じように3人1チームのチーム戦ですが、メンバーに『日本選手権』の出場経験者がいると『OPEN』、3人初心者のチームは『交流』になります。

『交流』の選手がメインの大会のはずなのに、『交流』に10チーム・『OPEN』に15チームと、『OPEN』の方がメインになってしまったようでした。
『OPEN』の15チーム中3チームが、『埼玉ボッチャクラブ』。
そして、神戸の『日本選手権』で2位となった選手率いるチームを含めた4チームは、予選リーグでの対決は免れひと安心。

私は、熊谷で一緒のhちゃんと、越谷のNさんと『シェアハピ』。
3人での練習が1回もできないまま、ぶっつけ本番。
にもかかわらず、1試合目を4-1で勝つことができました。

この大会は1試合30分で、投球時間はありません。
また、1試合3ENDまでなのですが、「20分経過した時点で新しいENDには入らない」というルールもあります。
そのルールをうまく使い、勝ち逃げしたチームもあったとか・・・・・・。

2試合目も気持ちよく勝ち、無事にトーナメントに進出。
トーナメントに進出したものの、トーナメントの組み合わせを決める抽選で、絶対当たりたくない(最後にあたる予定だった)『レディース&ナイト』(『埼玉ボッチャクラブ』)に当たってしまった『シェアハピ』。
『レディース&ナイト』に勝つことができれば、「『優勝』も夢じゃない」・・・・・・。
と思いながら、コートに入った3人でした。
が、『レディース&ナイト』の勢いに、手も足も出ない『シェアハピ』でした。

『シェアハピ』に勝った『レディース&ナイト』は、『ドラゴン』との決勝。
この決勝は先日の『日本選手権』の決勝と同じ選手対決。
決勝らしく『タイブレイク』にまでもつれ込み、『日本選手権』と同じくTさん率いる『レディース&ナイト』が、『金メダル』を手にしました。
1月11日、『成人の日』。私は『花火』の音で起きました。
その『花火』は、『龍泉寺』のお祭の『花火』でした。

新光苑では、平成28年最初の行事である『新年会』が行われました。
会場の『ホール棟』には、入所利用者・ショートステイ利用者・生活介護利用者・放課後ディサービス利用者・保護者・職員・あわてて150名余りが、集まりました。
つい3週間前に行われた『クリスマス会』の時より、参加人数が多かったように見えました。
理事長・苑長等のあいさつに続き、毎年恒例の『御山流』の日本舞踊が披露されました。

その後、『年男』さん・『年女』さんの『かんぱい』で食事が始まりました。
握り寿司や天ぷらなどのごちそうに、みんな笑顔で舌鼓を打っていました。お腹が落ち着いたころ、津軽三味線『貢正会(みつまさかい)』の演奏が始まりました。
しかし私の席が一番後ろだったため、どんな曲を演奏しているのかはもちろん『貢正会』の方のお話もまったく聞こえないまま、終わってしまいました。

続いて、ものまね芸人『花』さんのショー。
『プレイバックパート2』『かもめが飛んだ日』『時の流れに身をまかせ』など、私たちの世代にとって懐かしい曲を中心に歌ってくださいました。

席から遠いはずなのに・・・・・、この時はよく聞こえました。
知ってる曲だからかな?
あけましておめでとうございます
2016年1月6日、今年最初の更新です。

早いもので、『PINKCATの夢』も6回目の年越しをしました。
今年もいろいろな楽しい話を書いていこうと思っています。
おひまでしたら、PINKCATに付き合っていただけるとありがたいです。

今年は、いつもとは少し違うお正月でした。
それは、3日の午後「どこか行きたい」のひと言から始まりました。
「『イルミネーション』(を見に)行こうよ」のひと言でみんな(6人)その気になってしまい・・・・・・。
あわてて『スマホ』片手に調べた6人でした。

調べてみると、太田市の『北部運動公園』で『太田イルミネーション』が開催中とのこと。
そこに行くことになり、バタバタと準備し30分足らずで出かけた私たちでした。
『北部運動公園』に着くと駐車場に入る前から、色とりどりの電球で作られた『お城』や『ツリー』、『ひまわり』などが見えました。


太田イルミネーション1

車を降り歩いていると、一面のイルミネーションで『光の世界』に迷い込んでしまったかのようでした。
上の駐車場から下りて来る階段を歩く人たちの影で、階段のイルミネーションが動いているように見え、とてもきれいでした。


太田イルミネーション6

『イルミネーション』を見るまで半信半疑だったのですが、想像していた以上のすごさに驚かされました。
「こんな近くにこんなすごいものがあったんだ」と何回も言っていた一同でした。

帰り際、『第11回太田イルミネーション』の文字をみて、また驚いてしまいました。