FC2ブログ

 1週間ぶりに晴れて暑くなった昨日、『彩の国ふれあいピック秋季大会』が『熊谷スポーツ文化公園』にて開催されました。

 

6月に行われた『埼玉選手権』と同様に、『埼玉ボッチャ協会』のスタッフの一員として、お手伝いさせていただきました。

『ふれあいピック』の『ボッチャ』は、『ボッチャ体験』を主としているため、学校や施設などの初心者の方々が中心でした。

『ボッチャ体験』のため、唯一私ができる仕事の『コールルーム』の受付もありません。

「何(の仕事)を与えられるのか?」と思えば、『ボッチャ体験』の終わった選手に『参加証』を渡す係。

と言っても一人じゃ渡せない・・・・・。

本部にいつもいるスタッフと一緒に渡していました。

一緒に渡していたスタッフが「『ジャック』に(ボールが)くっつく『おまじない』・・・・」と言いながら、選手に渡し始めました。

何も知らない選手は、ありがたく受け取っていました。

ありがたく受け取る姿を見て、恥ずかしくなってしまった私でした。

『埼玉ボッチャクラブ』の仲間や、私の『ボッチャ』をよくご存じの方は、「そんな『おまじない』効くわけない・・・・・」とか「ありがたくない『おまじない』」など「言いたいことを言われそう」と思いながらも、知り合いがいないことに胸をなでおろしていたPINKCATでした。(一部のスタッフは首をかしげていた・・・・・

午前中は、『肢体』の選手を中心とした見慣れている試合がほとんどでした。

 

午後からは、『ボッチャ大会』と名の付く大会ではあまり見慣れていない『肢体』以外の障害を持つ選手の『ボッチャ体験』でした。

2ENDマッチの体験は、午前中と比べものにならないほどの速さで進んで行きました。

BC3(私のクラス)の1ENDが終わるよりも短い時間時間で終わる2ENDに驚いていると、「誰かさんの(私を指して)試合が長すぎるだけ」と私の隣にいたスタッフに言われてしまいました。

 

午前・午後ともに、体験された選手はみな楽しそうに帰って行ったことが、スタッフの1人としてうれしかったです。

スポンサーサイト

 7日に開幕した『リオデジャネイロパラリンピック』も12月間の熱戦を終え、閉幕しました。

日本は、残念ながら『金メダル』には手が届きませんでしたが、『銀』10個『銅』14個の計24個のメダルを獲得することができました。

 

『ロンドンパラリンピック』の時よりテレビ等の情報も多く、『オリンピック』と変わらないレベルだったと喜んでいます。

『ボッチャ』の『チーム戦』も『銀メダル』を獲得することができました。

「『ボッチャ』『銀メダル』おめでとう」と言われるたびに、(自分が取ったわけでもないのに)いい気分でした。

「Pさんがどうやって投げるの?」と、競技中の私を知らない人たちによく聞かれました。

説明するのがめんどくさい私は、「『個人戦』が始まるから見ればわかる・・・・・」と答えていました。

 

『個人戦』に私が期待するTさんが出場しました。

『ボッチャ』の関係者誰もがTさんの『決勝進出』を期待、そして信じていました。

が、予選リーグ2試合目を落としてしまい、トーナメント進出することができませんでした。

Tさんは、トーナメント進出できませんでしたが、『チーム戦』のキャプテンとエースの2人の選手が予選リーグを勝ち上がることができました。

しかし、『準決勝』に進出することができませんでした。

「『世界の壁』は厚い」と改めて思いました。

それでも今回の『リオデジャネイロパラリンピック』で、『ボッチャ』という競技を多くの方々に知ったいただくことができました。

 

4年後の『TOKYO』では、『OLYMPIC』・『PARALYMPICS』とともに、最高の『スポーツの祭典』になることを期待しています。

そして、『ボッチャ』の会場が満席になるように活動していきますので、よろしくお願いいたします。

「さあ、『TOKOY』だ~」

 

夕べからそわそわしていた私は、朝一でテレビをつけました。

NHKのデータ放送の『リオパラリンピック』で競技結果を見るためです

 

一昨日から始まった『ボッチャ』の『チーム戦』。

日本は予選リーグを順調に勝ち上がり、ベスト8に進出しました。

『北京』では予選敗退、『ロンドン』でベスト8進出しています。

が、『準々決勝』で勝つことができませんでした。

 

夜中に行われた『準々決勝』に勝つことができれば記録更新、最高成績となります。

「見たい!!見たい!!」(と思ってもテレビでやってくれない・・・・・・)

興奮する気持ちを抑えながら、ベッドへ。

何回も目を覚まし、「やってる・・・・・」「どうなったかな・・・・・?」そればかり考えていました。

朝起こしてもらうと、真っ先にかじりついたテレビ。

結果を見てひと言、「よ~し、よしよし」。

よくよく見ると、『決勝進出』とありました。

「寝ぼけてる?」と顔を洗いメガネをかけ、もう一度。

やっぱり、『決勝』と書いてある・・・・・。

また「よ~し、よしよし」。

落ち着いて考えてみると、「『メダル』確定だ~」と一人で大興奮。

興奮せずにはいられないこの状況をわかってくれる人が誰もいないことがちょっとさみしいPINKCATでした。

しかし、時間が経つにつれ、「『ボッチャ』すごいね!!!」「『メダル』確定だね」などの言葉をかけてくれる人が増えてきました。

「みんな見てくれてるんだ!!!」とうれしくなりました。

「もしかしたら『金メダル』第1号?」そんなこともありえる、『ボッチャ』の『チーム戦』の決勝は、日本時間の明日の朝7:30試合開始です。

 がんばれ!!!『火ノ玉JAPAN』

 明後日7日(日本時間8日)に、『リオデジャネイロパラリンピック』が開幕します。

 

『埼玉ボッチャクラブ』から出場するTさんに『応援メッセージ』を贈るため、『日の丸』に『寄せ書き』をしました。

『埼玉ボッチャクラブ』・『埼玉県ボッチャ協会』それぞれ1枚ずつの旗に、思い思いの言葉がびっしりと書かれていました。

開いているスペースを見つけ、『最後まで楽しい試合を!!白に必着!!』と書きました。

ほとんどの人が『必勝』とか『がんばって!!』、『『金』待ってます』などのストレートなメッセージを書いている中で、一人ひねくれたメッセージを書いてしまいました。

私だったらそういう(ひねくれたメッセージ)方がうれしいし、印象に残ります。

また、一人ぐらいひねくれたやつがいた方が楽しいと思います。

 

『パラリンピック』に自分たちが(メッセージを)書いた旗が行くなんて初めてのこと。

それだけでも、わくわくしてしまいます。

その旗がテレビに映ったりしたら・・・・・」と考えると楽しくなります。

 

Tさんが楽しい試合がひとつでも多くできるように、地球の裏から祈っています。

できることならその旗になって、会場のいちばん前で応援したいPINKCATでした。

 

『リオデジャネイロパラリンピック』での『ボッチャ』は、大会3日目(10日)から始まる予定です。

一人でも多くの応援を、よろしくお願いします。

がんばれ!!!日本!!!

 

がんばれ!!!ボッチャ!!!