FC2ブログ

 それは、3ヶ月ほど前の『彩の国ふれあいボッチャ』でのことでした。

その日、前の年と同じように『コールルーム』専属のスタッフが、(私の他に)もう1人いました。

スタッフ全体ミーティングを終え、開会式までのわずかな時間で『コールルーム』担当スタッフと打ち合わせ。

その後、お昼まで休憩がないことを見越して一瞬休憩に入った親子でした。


5分後戻ると、『コールルーム』専属の彼が自分のお母さんに一生懸命訴えている真っ最中。

彼には発語が難しいため、お母さんでさえわからないこともあります。

彼は、『文字盤』も使うこともできますが、お母さんや身近な人は、表情や身体の動き・声などでコミュニケーションをとっています。

発語がないと、「おとなしい」とか思われがちになってしまいます。

が、彼は違います。

もしかすると、私より(そんなこと言うと怒られそう)おしゃべりかもしれません。

そして、そのおしゃべりが時には私たち親子を助けてくれます。


何を言いたいのかわからないお母さんは、「あ・か・さ・た・な・・・・・・」と50音の頭文字を順番に言い始めました。

これは、聞き取りにくい時などに使われることの多い方法で、私たちの間ではよく使われています。


お母さんの言っていく中から、自分の言いたいことの文字を拾って行く彼。

彼の拾った文字を言葉にしていくお母さん。

その言葉が、何気なく聞こえてしまった私。

その言葉を聞いた瞬間、彼の通訳をしている私がいました。

彼の言いたいことをほぼ100%通訳した自分に驚いてしまったPINKCATでした。

それは、私が休憩中の彼とスタッフととのやり取りでした。

私は、そのことを全く知りませんでした。

それでも、なんとなくわかってしまいました。

彼は、「その通り・・・・・」と言わんばかりに身体の動きで答えてくれました。

その場にいたスタッフ・お母さん・母は、私が彼とスタッフのやり取りの場にいたと勘違いするほどでした。

私が通訳したことにより、その日の大会がスムーズに進行しました。

「なんでわかったんだろ?」と、3ヶ月以上経った今でも思うことがあります。


苑にも、彼と同じように会話をする人がたくさんいます。

苑の人たちの方が、彼との付き合いより長い人もたくさんいます。

が、言っていることがわからない人もいます。


どうして彼のことがわかるのか、自分でもわかりません。

一緒にいる時間の長さだけではないのかな?と思っています。

スポンサーサイト

『うんたらた』

私はこの言葉を聞くとにやけてしまったり、懐かしくなったりします。


それは、私が自分の歳を片手の指で表せられるほど小さかった頃のこと。

当時、我が家の西隣におばあちゃんが住んでいました。

私の祖父母と仲の良かったおばあちゃんは、1日に何度も遊びに来ていました。

そのたびに、私のことを『うんたらた』と言ってはかわいがってくれました。

私の中のおばあちゃんの記憶は『うんたらた』と言われていたことぐらいですが、『うんたらた』と聞くとおばあちゃんの記憶がよみがえってきます。


それからウン十年、『うんたらた』の記憶も薄れかけていたある日、母が『十三仏の真言』が書かれた紙を持ってやって来ました。

「なつかしいもの見つけちゃった・・・・・」と見せてくれた紙には、『うんたらた』の文字がありました。


『十三仏』とは、亡くなった人を『浄土』へ導く13人の仏様です。

それぞれの仏様には、『真言』があります。

『真言』とは、仏様に唱える言葉のようなものです。

その『十三仏の真言』の中の『不動明王(ちょっと怖い?仏様)』の『真言』の中に『うんたらた』がありました。

初めて知った『うんたらた』の意味。

そんなありがたいものだったなんて・・・・・。

おばあちゃんは、「私を仏様のように扱ってくれたのかな?」と今になって思っています。


今では私のことを『うんたらた』なんて呼んでくれる人はいませんが、この言葉を大切に生きていく行くことが、おばあちゃんにとっての一番の供養になると思っています。