FC2ブログ

最近母は、自分の車のナビを信用していません。

初めての場所へ行く時は、90%の確率で乗せているPナビを使います。

一般のナビとは違い、Pナビは予習というものができます。

今度、~行くから調べておいてね!」の一言で調べておく優秀な(?)Pナビ。


先日も伊奈の『バラ園』へ行く時も、もちろんPナビを使いました。

以前のPナビはサービスがよく、地図を出(印刷)して渡していたこともありました。

が、なぜか今回はめんどくさくなり、曲がる信号の名前を覚えて伝えるだけ。

それでも、迷わずたどり着くことができます。


伊奈町は、国道17号線と122号線の間あたりにあり、どちらからでも時間も変わらず行けます。

Yahoo!地図』で事前に調べたところ、17号線経由・距離34.4Km所要時間1時間4分、122号線経由・42.3km・1時間14分、と表示されました。

そのことを伝えると、「行きと帰りでどっちが早いか・・・・・やってみる?」といいながら、17号線の方へとハンドルを切りました。


距離的には17号線経由の方が約8Km短いですが、いつも混んでいるイメージがあるため1時間14分では着かないと思いました。

が、平日の昼間ということもあり大きな渋滞もなく、1時間20分もかからずに着きました。


そして帰りは、122号線経由で・・・・・。

17号線よりも通行量が少ないからなのか、通り慣れているからなのか・・・・・?

こちらも行きとほとんど変わらない時間で帰ってくることができました。


結論は、どっちから行っても同じ、近道はないんだな・・・・・・。

ただ122号線経由の方が、私は好きかな?

その理由は・・・・・、『羽生イオン』・『モラージュ』があるからです。(先日は寄りませんでした)

なんて、わかりやすいやつ。

スポンサーサイト

 2~3年前から行ってみたかった『伊奈町制施行記念公園』の『バラ園』へ、先日行くことができました。

『伊奈町制施行公園』の『バラ園』は、1.2ヘクタールの敷地内に約300種4500株を超えるバラが植えられています。

そして今は恒例の『春のバラまつり』が開催中!でした。


私が行く1週間ほど前には、そこで地元の方が結婚式を挙げたことが、テレビのニュースで紹介されました。

テレビで見ると、広く見えたり、きれいに見えることが多いです。

私が見た時も広く感じました。

しかし実際の広さは知らないまま、出かけました。


入り口でチケットを(この親子は無料)購入し入ると、見える範囲全部バラ・バラ・バラ・・・・・・。180517_1411~02

バラ=赤とか棘とか情熱の花・・・・・、それくらいしか知識がありませんが、その固定概念がくつがえるほどの色・形の異なったバラ達に出会えることができました。

誰もがイメージできる真っ赤なバラもあれば、「『シュシュ』にしたらかわいいだろうな・・・・・」と思うほどの淡い色合いのバラもありました。180517_1429~01

珍しい花の前ではケータイやスマホはもちろん、デジカメ・望遠レンズの本格的なカメラを向ける人の姿が目立ちました。

園内のあちらこちらにはバラのアーチがあり同じように見えましたが、近づいてみると色や形・花の種類や咲き方など異なり、同じアーチはなく見ていて飽きることはありませんでした。


第1~3まである園内を全部回るには、2時間以上かかってしまいそうな広さでした。

バラの見ごろは、今の時期(5~6月)と秋(10月~11月)の年2回あるそうです。

今回行くことができたので、次は秋に行ってみたいな。

 今月初め山梨県内の踏切で、特急あずさにはねられて高齢の女性が亡くなったという、ニュースを耳にしました。

テレビでちょっとやっていただけなので、詳しいことは知りませんでした。

その後気になった私は、ネットで調べてみました。

『シニアカー』で踏切を横断中の女性が、線路の隙間に車輪が入ってしまったそうです。

女性は『シニアカー』から降りて、走ってくる特急に向かって手を振ってアピールしていたとのことです。

特急の運転士さんもそれに気づきブレーキをかけましたが、間に合わずに引かれて亡くなってしまいました。

「『シニアカー』から降りて・・・・・」とありましたが、「降りられたならそのまま逃げた方が早いのに・・・・・」と思ってしまいました。

でもそれは、「第三者だから冷静に思えることなのかな?」


『シニアカー』を含めた電動車椅子は、事故などをきっかけに改良されることが多いです。

その代表的なものが、スピードや車輪の大きさです。

普段は何も思わずに乗っている人がほとんどです(私もその中の1人です)が、街の中や人ごみの中などを歩く時にふと感じることがあります。

大きな交差点や踏切は、ある程度のスピードがないと渡り切れません。

また以前にも書きましたが、『転倒防止』が邪魔になることもその一つです。

それは、当事者を中心にした極一部の人しか気づきにくいものです。

改良のきっかけが事故等というのはちょっと複雑な気持ちですが、より安全にそしてより快適に・・・・・、改良されることを願っています。

 ゴールデンウイークの直前の4月末、『太田北部運動公園』の『芝桜』を見に行ってきました。

2年前のお正月に行った『太田イルミネーション』、その同じ場所に一面の『芝桜』。

イルミネーションを見に行った時は、暗かったせいもあり『太田北部運動公園』の場所もよくわかっていませんでした。


車が公園に近づくと、山の斜面に『芝桜』が見えました。

(公園の)前の道から見上げた『芝桜』は、白・紫のじゅうたんを敷き詰めたように見えました。

「こんなところだったっけ・・・・・・?」と思いながら、車を降りました。

車から見えたきれいなじゅうたんが見たくて、斜面の上に立ちました。

見上げた時はきれいだったのに、上から見るとほとんど花はなく・・・・・ピークは過ぎているようでした。

180426_1439~01 


それでも平日にもかかわらず、たくさんの人が見に来ていました。

広場には、アイスクリーム・ワッフルなどの食べ物の出店がありました。

いい天気で暑かったその日は、アイスクリームを食べる人の姿が目立ちました。

「アイス・・・・・」といいながら、出店を見て回りました。

「アイス・・・・・」と言っていたのに買ったものは、

180426_1502~01でした。

なぜか(どこに行くのも)一足遅いPINKCATです。

たまには、ピークに行ってみたい・・・・・。