FC2ブログ

 私の趣味。

それはいろいろありますが、私を知っている90%以上の人が「『KITTY』の『ご当地タオル』集め」と答えると思います。

その『タオル集め』が始まったのは、20年ほど前のこと。(20年もやってんの?自分でも驚き!!)


きっかけは、当時の担当さんがおみやげにくれた1枚の『ご当地タオル』。

1枚2枚と自分で出かけた時に買い始め、いつの間にかおみやげにもらうのも『ご当地タオル』が多くなりました。

いくら集めても次から次へと新しい(デザイン)のが出るのが、この『ご当地タオル』。

始めたころは『ご当地もの』も珍しく、その土地でしか買えないものでした。(当たり前)

タオル自体の絵(デザイン)もそうですが、タオルの端(の縫い目に)(以下『耳』)描かれているちょっとした絵が大好きになってしまい、狂ったように買いあさった時期もありました。

その『耳』には、ご当地にゆかりのあるものや、その地にちなんだものが描かれていることが多いです。


181024_1431~02 181024_1431~01181024_1431~03

12~3年前には、文化祭の個人作品で『ご当地タオル』の日本地図なるものを出品し、『優秀賞』をいただいてしまったことも・・・・・・。


その頃から、ストラップや靴下などタオル以外のグッズも増えてきました。

と同時に、タオルのサイズが小さくなってしまいました。

そしていつの間にか、大好きな『耳』の絵もないものが主流になっていました。

「小さくなったからなくなった・・・・・・」と思い込んでいた私。


先日行った『東京タワー』のおみやげ屋さんにあった、ハンドタオルサイズの『ご当地タオル』。

よく見もしないで、手に入れました。

181004_1504~02 

後日その手に入れたものをよく見て、「なんか違う!」「なんだろう?」違和感がありました。

その違和感に気づくのに、時間はかかりませんでした。

「つまんない!!」思わず出てしまった言葉。

ハンドタオルなのに、『耳』がない・・・・・。

持っていたもの(ハンドタオル)と見比べてしまいました。


昔に比べ、タオルの質やデザインなどが良くなり、買えきれないほど種類も豊富になりましたが、『耳』がないものが出て来るなんて・・・・・。

『ご当地タオル』の面白さは、「『耳』にある!!」と声を大にして言いたい、PINKCATです。

スポンサーサイト

 去年の5月に『じゃがりこ』をお湯で柔らかくして食べること、そしてそのおいしさを知りました。(『じゃがりこ』の)いろんな味やほかのお菓子でも(何が一番おいしいのか)研究しながら、おやつを楽しんでいます。


ポテトチップスにえびせん、ベビースターラーメン・そしておせんべい・・・・・・。

自分の味の記憶や想像で、「きっとおいしい!」と思ったものはハズレのなく、新たな発見もできることもあります。

新たな発見をしながらも一番のお気に入りは、『じゃがりこ』のサラダ(味)とコンビニ限定の『じゃがりこL』の明太もんじゃ(味)。


私が明太もんじゃを初めて食べたのは、その(硬い)ままでした。

食べながら「これ、柔らかくした方がおいしい!」

コンビニ限定の『じゃがりこL』は、(当たり前ですが)コンビニにしか売っておらず、なかなか手に入りません。

やっとの思いで手に入れたその『じゃがりこ』は「大事に食べなきゃ・・・・・」という思いと、「がまんできな~い!」という思いがありました。

勝ったのはもちろん、「がまんできな~い!」方。思った通りの味で、最高!でした。


食べてしまったことを後悔していると、誕生日プレゼントに『さつまりこ』・『とうもりこ』をもらいました。

両方ともCMをやっているので知ってはいましたが、まだ食べたことありませんでした。

私のところに置いてあった『さつまりこ』をみた母は、「食べたよ。思ったより甘くなかった・・・・・」

母のひと言を聞いてから、「甘くないの?」「やっぱり・・・・・『じゃがりこ』には負けるのかな?」と思っていました。


誕生日から1か月ほど経った昨日、勇気を出して食べてみることにしました。

柔らかくしながら、「味見・・・・・・」と1つ2つ小さいかけらを口の中に入れてくれました。

それを食べながら、「昔の『おさつスナック』?」と思いました。

その後、柔らかくなった『さつまりこ』が私の前に置かれました。見た目は、まるで『スイートポテト』の中身。

ひと口食べて「さっきよりあまい・・・・」。吹かしたさつまいもの甘さでした。

そして、「『じゃがりこ』もいいけど、『さつまりこ』も・・・・、イケる・・・・・・」とむしゃむしゃしながら思うPINKCATでした。

来週は、『とうもりこ』かな?

私の左足は、『黄金の左足』。

左足でしっかり立つことができるからこそ、ボッチャをはじめいろんなところへ行くこともできます。

その左足をいつまでも使えるように、そして右足の変形を防ぐため、補装具を作ることになりました。

という話になったのが、5月の初めのこと。

月の末に足の型をとり、補装具作りが始まりました。


最近、新光苑の中でも補装具を履いている人も多くなり、いろんな補装具を目にすることも多くなりました。

私も(型を取る前から)「何色にしてやろうか?」「人とは違うデザインにするには・・・・・?」などなど、仮合わせの日まで考えていました。

型取りから1か月半以上過ぎた7月下旬、待ちに待った仮合わせ。

仮合わせ用の補装具を履き、不具合(痛い所の有無、立った時の支障の有無・・・・・)などを確認し、いよいよ色決め。

急に決まった仮合わせのため相談できる人は誰も立ち会えず、ほとんど1人で決めました。

2が月もあったのに、迷うだけ迷って何も決めていなかったことに気がついてしまった私。

しかし使いたい色は、ピンク。

それだけは、はっきりしていました。

ピンクをどうに使うか・・・・?少し悩みました。

が、私にしては即決でした。

そして・・・・・、181011_1509~01 こんなのができました。

KITTYをいれたのが、私らしいでしょっ?


KITTYを選んだのはいいけど、そのデザインもわからないまま。

「子供っぽかったらど~しよう?」実物を見るまで、不安しかありませんでした。

最初に見たとき、「最高!」と声に出てしまうほどでした。

その場にいた人が、「大人っぽくてかわいい!」と言ってくれました。

リボンの代わりのバラがピンクは、できるまでわからなかったこと!
もちろん、私が選んだピンクと同じだということも・・・・・・。

思っていた以上の私好みの、補装具ができました。

まさに、世界に一つだけの靴。

でも・・・・・、まだなれてないせいか、履かせにくく職員さんをてこずらせています。

ウォーターバード

 これ、懐かしいおもちゃに見えますが、私の『トレーニンググッズ』。

これらをうまく扱えるように、努力しています。

今は、4つ集まりました。

が、これだけ集めるのに、約半年かかりました。

「こんな(おもちゃ)ものどこにでもある・・・・・」と思う人も多いと思います。

私(母も)もその一人でした。


私が子どものころに、近所の『駄菓子屋』でみたり、買ったりしてした記憶があります。

そのころはこれらを自分で吹くことが難しく、妹やいとこが遊んでいるのを見ているだけでした。


最近、口腔の『筋トレ』として歯科医師に勧められました。

初めはできるのかもわからずに、②の『巻き笛』を購入しました。

おそるおそるやってみると、思っていた以上にできることを知りました。


気をよくした母が買ってきたのが、③。

②より数が多いので、のばすのに力が必要です。

吹き方によっては、3ついっぺんに伸びることもあれば、1つずつ伸びることもあります。

力の入れ方だとわかってはいるつもりですが、自由自在に操ることはとても難しいことです。

「それができればたいしたもんだ!」母は口癖のように、毎回いいます。

が、そういう母もできたことはありません。

つい最近まで、②と③の2つで楽しくやっていました。


歯科医師に「もっとやって・・・・・」と言われ、いろんなものを探すようになりました。

先日、見つけたのが④。

水を入れて吹くと、「ピロピロピロ~」と鳥の鳴き声のようなかわいい音がします。

これも③同様、吹き方や角度で音がでたりでなかったり・・・・・、加えて水がこぼれることもあります。


ちょっと手が出せないのが、①。

わかる人もいると思いますが、風船がしぼむ時におならのような音がします。

その音が想像以上にデカい。

部屋で出そうものなら、2号棟はもちろん1号棟いや3号棟や新棟からも何事かと人が飛んで来そうなほどの音です。

でも・・・・・、そんな音を出せるような話ではなかったのです。

風船を膨らませるのが、とんでもない!

母がやっとなのに、この私にできるわけない!

「できたらすごいだろうな~」と思いながら、他の3個で力を付けている最中のPINKCATです。

9月18日に発生した熱帯低気圧は、21日には『台風24号』となりました。

先週の初めの天気予報では、沖縄に向かっているようでした。


この週末(30日)に、『彩の国ふれあいピック・秋季大会』が開催予定でした。

私もボッチャのスタッフとしてお手伝い?の予定でした。


30日が近づくにつれ、『台風24号』の進路が東になってきました。

日本列島を縦断するつもりなのか、そのまま北上し始めました。

いつも「(台風が)くる、くる・・・・・」というわりに来ないのが、この辺(関東周辺)です。

今回も「大丈夫!!」と多くの人が思っていたに違いありません。


29日には予定通りに『ふれあいピック』の前日準備まで済ませました。

30日当日、起きた時は降ってはいませんでした。

出掛ける準備をしていると、「中止・・・・・」との情報が入りました。

「やればできるのに・・・・」片付けに集まったスタッフ誰もが思いながら、手を動かしていました。
片付けを済ませ(くまがやドームから)出てみると、さっき(来た時)より明るく見える空でした。

「絶対、できた・・・・・」といいながら、会場を後にした2人でした。

その後、開催されていれば閉会式であろう時間まで、降ることはありませんでした。

夕方「待ってました!」とばかりに降り出した雨は、風と共に夜中までがんばっていました。

そして、朝にはきれいな青空でした。

この『台風24号』の別名を『チャーミー』というそうです。

なにが『チャーミー』だ!