FC2ブログ
 昨日は、「埼玉県障害者ボッチャ協会」の「強化練習」がありました。
来月の26~28日に「日本選手権」があります。
そのための「強化練習」でした。

練習が終わり、帰りに羽生の「イオン」に寄りました。
イオンには「車イス優先駐車場」と「車イス専用駐車場」の2種類があります。
優先駐車場は誰でも止められる、他のところでは「専用駐車場」と呼ばれているところです。
イオンの専用駐車場は、一般の車は止めることができない文字通りのところです。
その入口にはバーがあり、いつも閉まっています。
その中に入るには、バーの開閉のリモコンが必要です。

1台ずつバーが付いているところもありますが、羽生のイオンは10台ほどの駐車スペースに「入口」と「出口」の2箇所にバーが付いています。
そして入口には「車イス専用駐車場」という標識があります。
私もそのリモコンを持っているので、バーを開け車を止めました。
昨日は夕飯を買うだけだったので、私は車の中で待っていました。
「ここは「専用駐車場」だから、変な車(車イス使用者でない)なんてないよね」と思いながらボケーとしていると、入口から「ピピピッピー、ピピピッピー」という音が鳴り出しました。
その音にピクッとして音の方に目をやると、いつもはになっている電光掲示板が赤く点滅し、異常なことを知らせていました。
がんばって車の後を見ると、一台の車が専用駐車場内を走っていました。
瞬間は見ていないのではっきり「そうだ」とは言えませんが、その車がバーを突き破り中に入ってきてしまったようです。
そしてその車は専用駐車場内に止まりました。中から出できた人は歩いて店内へ入って行きました。近くに警備員さんがいたわけなのですが、気がつかなかったようです。
その時私は、「そこまでして止めたいの?」と思いました。

今日、その話を職員さんにすると「私だって今知ったぐらいだから、その人も知らなかったんじゃないの?」と言われてしまいました。
しかし知らなかったにしては、堂々としすぎていたような気がしました。
入ってはいけないところに入ってしまったら、警備員さんを呼ぶのがふつうだと思います。
昨日の車は、確信犯だと私は思っています。

誰も見ていないと思ってやってたと思いますが、
私は見ていたぞ。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://pinkcatsakura.blog86.fc2.com/tb.php/106-4038d1df