FC2ブログ
10日前の2月8日、新しい電動車椅子を作るための「車椅子判定」で、上尾のリハビリセンターへ行きました。
今度作る車椅子で7台目(たしか・・・・・)なのですが、判定を受けるのは3回目です。
おかしいな、計算が合わない・・・・・。
座位保持等の判定にも何回か行きましたが、電動車椅子の判定で行ったのは9年ぶりでした。

まずは、「聞き取り」。
車椅子の希望や体の状態、生活環境等を聞かれました。
その後、整形外科の先生の診察で、「希望したものでいいのか」を診てもらいました。
私は前回(9年前)の判定の時に、しっかり座れてしまい(いつもよりしっかりと)、普通型の電動車椅子のみでした。
今回も「そう言われそう」と思いましたが、先生の判断等で希望した機能をつけてもらうことができました。

次は、電動車椅子の「走行チェック」。
廊下の右側を走る・自動ドアの通過・片倫を点字ブロックに乗せての走行・円の中での回転・一時停止・エレベーターの操作と乗り降り・クランクとS字走行・線路の横断・坂道走行・0.5cm刻みの段差の乗り越え等、10項目以上のチェックポイントを言われるままに通り抜け、その度に「上手いね」と褒められニヤつきながらも確実にクリアしました。

全項目終了後、作りたい車椅子と似たデモ機に乗り換え、円の中での回転・クランクとS字走行だけ再チェック。
私が作りたい車椅子は後輪が後ろへ行くため、いつもの感覚でいるとぶつかってしまいます。
何回やってもぶつかるので、「これでもこの車椅子がいいの?」と聞かれてしまいました。
このチェックで「やっぱりいい」っていう人が多いそうです。
私は「それは本当に必要じゃないから・・・・」と思ってしまいました。
なんとか「OK」をもらい、再び先生のところへ。
先生からも「OK」が出て、全て終了。
新車ができるまで、デモ機で練習することになりました。

しかしわがままなのがPINKCAT。
作る車種のデモ機が存在することを知ってしまい、代理店さんに探してもらっている最中です。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://pinkcatsakura.blog86.fc2.com/tb.php/126-f1327329