FC2ブログ
 先週の火曜日のことです。
『埼玉交流センター』で練習がありました。

その何日か前に、PCの打ち方を友達に聞かれました。
「キーボードで普通に打ってる」と答えると、「もっと楽な方法がある」とわざわざPCを持ってきて教えてくれました。
その人は、マウスを『ジョイスティック』に変え『スクリーンキーボード』を使っているそうです。
私も自分のPCに『スクリーンキーボード』があることはなんとなく知っていましたが、「使い方がわかんない」とか「キーボードが使えるから・・・・・」と考えもしませんでした。

『スクリーンキーボード』を教えてもらい、持ってきたPCを使わせてもらいました。
ジョイスティックでPCの画面に出るキーボードをクリックするだけで文字が打てました。
慣れてないうちは、「直接打った方が早い」と思いましたが、打ちたいキーまで指を持っていくことが今までどれだけ大変なことなのかもこの時まで考えたこともありませんでした。
練習そっちのけでスクリーンキーボードに釘付け・・・・・。
ひと通り体験したところで、やっと体育館に入ると場所もない状態でした。
それでもその日はそのまま8:30までみっちり練習。

次の日から自分のPCでチャレンジ。
まずはスクリーンキーボード探し。ネットで調べなんとか一人でたどり着くことができました。
教わった通りに設定し、使ってみました。
「やっぱり打った方が早い・・・」とか思いながらも「あきらめるのは悔しい」とヘンな意地を見せ(誰もいないのに)、設定を変えてみたりスクリーンキーボードの大きさを変えてみたりといろいろ試してみました。

教えてくれた人は、クリックではなくその場所に一定の時間ポインタを置くだけで打てるようにしてあるそうです。
クリックであまりうまく行かなかった私は、その人と同じ方法を試してみました。
はじめは、(打てるまでの時間)3秒でも間に合わず思うように打てませんでした。
何回もあきらめ今まで通りキーボードで打とうと思いました。

それでも何かいい方法がないかとスクリーンキーボードとにらめっこの毎日。
何がどうなったのか全くわかりませんが、土曜日あたりから急に調子よく今までと同じように(気持ち的にはそれ以上に)打てるようになりました。
そして3秒では遅すぎてイライラするまでになりました。
設定で1秒にしてみたり2秒にしてみたりと自分に合った速さを見つけ、今日はスクリーンキーボードで書いています。
普通に打つのとどっちが早いのかわかりませんが、手を動かす範囲がテンキーの上だけなので「疲れないのかな?」と思っています。

それより思っているが、打ち間違いが少なくなった(?)ことです。
今までキーボードをろくに見ないで打っていたことが多く、打ち間違いが多かったような気がしています。(どれだけ見てなかったか・・・・・)
スクリーンキーボードでは画面に大きくキーボードが出るので見ながら打つことができます。
が、100%間違わなくなったとは言い切れません。

もう少しスクリーンキーボードを研究し、(キーボードと)どっちが早く打てるのか比べてみようと思っています。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://pinkcatsakura.blog86.fc2.com/tb.php/235-e1bd6432