FC2ブログ
5日(土)『埼玉県立武道館』にて『彩の国ふれあいボッチャ』が開催されました。
例年通りの『競技部門』『交流部門』に、60近いチームがエントリーしました。
『競技部門』は、16チームが4リーグの予選リーグから始まりました。
『埼玉ボッチャ協会』最大の2団体である『ひまわり会』・『埼玉ボッチャクラブ』がすべてのリーグに分かれ、『『ひまわり』VS『埼玉ボッチャクラブ』』。

『埼玉ボッチャクラブ』は、『JSB』『ボーイ&ガールズ』『ネクサス』『スコッチ』の4チーム。
私がいた『スコッチ』は、『ふじ学園』との初戦に5―0で気持ちよく勝ち、気合いを入れて2戦目の『ひまわりD』との試合に入りました。
ジャックに付けたつもりの赤ボール。
そのボールの隙間に青ボールをねじ込まれ、2点とられました。
「『2点』は点差じゃない・・・・・」と2END入った『スコッチ』。
ところが、9mのジャック。
自分たちで仕掛けたジャックに寄せることができない『ひまわりD』は、『スコッチ』の1球で6球すべて投げ終わってしまいました。
ジャックに1番近い青ボールが1m近く離れていため、点を増やすことは簡単なはず・・・・・でした。
ところが、その日に限って狙いの良すぎた私。
ジャックをピーポイントで狙えてしまい、投げたボールがジャックを青ボールの方へ押してしまいました。
残りのボールを思うように入れられずに、2-1で負けました。
その後、『ひばり特別支援学校』に9-0という大差で勝ちました。
が、『ひまわりD』に負けたため、トーナメントに進出することはできませんでした。
『スコッチ』に勝った『ひまわりD』は、すべての試合を2-1で勝ち、トーナメント進出しました。
「私たちの方がスコアはいいのに・・・・・」と言ってしまった親子でした。
いくらスコアがよくても、『勝』が優先されます。
それは、身に染みてわかっていることです。
しかし、言わずにはいられないPINKCATでした。

準決で『ひまわりD』に当たった『ネクサス』。
「敵を取ってくれ・・・・・」と念を送った3人。
その念も届かず・・・・・、またまた2-1で勝たれてしまいました。
残るは『ボーイ&ガールズ』との決勝。
『埼玉ボッチャクラブ』全員が見守る中、『ボーイ&ガールズ』は2-1で勝ち、優勝しました。

2-1で泣き笑いの1日でした。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://pinkcatsakura.blog86.fc2.com/tb.php/264-7fc4acca