FC2ブログ

先週の水曜日、『勤労感謝の日』。

新光苑では、28回目となる『文化祭』が開催されました。

 

今年も、工夫をこらした作品・ユーモアあふれる作品・繊細すぎる作品・そしてデカい作品が、展示会場であるⅠ課の食堂いっぱいに並べられていました。

今年の私の作品は、7年ほど前に描いた絵を手直しして出しました。

初予定していた作品のめどがたたず、急きょ以前のものを手直しすることを思いつきました。(なんて悪~い奴・・・・・)

「我ながらいいアイデア・・・・・」と思い、10月初めから作業に取り掛かりました。

ところが想像以上に手間取り、「提出期限に間に合わない・・・・・」と騒いでいました。

「ホントに間に合わない・・・・・」と実行委員に泣きつき、ギリギリまで作業していました。

そんな作品が人の目に留まるようで・・・・・。

「よくできてるね」「すごいね!」と言われるたびに、ニヤッとしてしまう私でした

 

午後からは、全員での『おやつ作り』。

今年の『おやつ』は、『あんみつ』と『茶巾絞り』。

缶詰の果物にあんこをのせ、『あんみつ』に・・・・・、さつまいもにバターとお砂糖を混ぜ、ラップで『茶巾絞り』にしました。

出来上がった『おやつ』は、落語家『鈴々舎やゑ馬(れいれいしゃやえば)』さんの『上方落語』を聞きながら、おいしくいただきました。

 

まだ『上方落語』の余韻が残る中で、始まった閉会式。

例年と同じく『実行委員特別賞』5人、『苑長賞』1人、そして『最優秀作品賞』1人の計7人が、参加者の投票によって選ばれました。

『実行委員特別賞』から発表され、その受賞者はみな私が気になっていた作品を作った方々ばかりでした。

例年なら、一人呼ばれるごとに「あと何人・・・・・」と数えてしまう私ですが、今年は何も考えずに残っていたコーヒーをのんきに飲んでいました。

気がつくと、『最優秀作品賞』の発表のみ・・・・・。

「誰なんだろう?」と思っていると、私の名前が呼ばれました。

予想していなかったため、本当に驚きました。

「キャ~私?」と笑いながら前まで行き、6人とともに、苑長から賞状を受け取りました。

名前を呼ばれた時、「久しぶりの感覚・・・・・」と思ってしまいました。

それは、「『最優秀作品賞』が・・・・・」ではなく、表彰されることが久しぶりだったからです。

『ボッチャ』の『日本選手権』の『金メダル』よりうれしかった(?)、『最優秀作品賞』でした。

 

ちなみに、『最優秀作品賞』をもらったのは初めてでした。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://pinkcatsakura.blog86.fc2.com/tb.php/314-b1a1e163