FC2ブログ

 先週の『ふれあいボッチャ』の後のこと。

玄関を出たところで、K君親子に声をかけられました。

そのまましゃべりながら、駐車場へ。

K君の(お母さんの)車の方が近かったため、その前で別れました。

うちの車が4~5台離れたところにありました。

K君と別れ、車に乗り込む準備をし始めました。

 すると、別れたはずのK君がニヤニヤしながら(うちの)車の方へ近づいて来ました。

「来ると思った・・・」とK君親子の顔をみてにやつく、親子でした。

K君が4~5台離れているにもかかわらず(うちの)車が違うことに気がついたのです。

うちの車は、1週間ほど前に変えたばかりでした。
 

K君は、誰も気がつかないようなものを見抜く天才です。

2~3年前、Kさん(のお母さんの)が車を変えた時もいちばんに「違う・・・・・」と言ったのは、K君でした。

Kさんの車は、車種・色が全く同じ車で本人(お母さん)が「やっと気がついてくれた・・・・・」とよろこんでいました。

 

また、私たち親子は、今まで何回助けられたことか・・・・・。

以前、韓国へ練習試合に行ったときも、いろんな会場で忘れ物をしそうになったときも、全部K君が気がついてくれました。

この親子は、「K君がいたからここまで生きてこられた・・・・・」と言っても過言ではありません。


K君が(うちの)車を興味深々に覗き込んでいると、近くを通りかかった『埼玉ボッチャクラブ』のスタッフが「新車?」と近づいてきました。

それからしばらく穴が開くほど3人に覗き込まれていた、うちの車でした。

私も他人が見えないところが見える方だと思いますが、「K君にはかなわない・・・・・」と改めて思いました。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://pinkcatsakura.blog86.fc2.com/tb.php/317-ffedfdf9