FC2ブログ

 7月7~8日、『埼玉県ボッチャ選手権大会』が『埼玉県障害者交流センター』にて、開催されました。

『埼玉県ボッチャ選手権大会』が始まった11年前には2つしかなかった競技団体も、特別支援学校などを中心にその数が増えました。

『ひまわり会』・『埼玉ボッチャクラブ』そして、『蓮田ボッチャクラブ』から11回目となる今大会は、過去最多の選手38名が・出場しました。


今回も選手でない私は、6人いる総務の中の1人で、主に受付のあたりをウロウロしていました。

県内の大会で、何度となく経験しているはずの『コールルーム』の門番(受付)。

今大会の『コールルーム』は前回同様、「試合開始の30分前に開き、10分前に閉まる」というものでした。

『コールルーム』の入り口に設置された時計(クロック)を見ながら選手はもちろん、私たちも動きます。

一緒に仕事をするスタッフに

「今度(の試合は)~分からだから、~分に開けるからね!」

と言われてその時は理解したつもりなのに、1分も経たないうちに

「~分だっけ・・・・・?」

と聞き返す私。

そんな私に聞かれたスタッフも

「えっ?~分だっけ・・・・?」

とお互いに聞き合うことを繰り返す私たちでした。

そんなこと繰り返すうちに、時計が読めなくなってしまいそうなPINKCATでした。

それでも慣れてくると空いた時間には、気になる試合を見ることができました

試合を見入ってしまいスタッフに迷惑をかけてしまったことも・・・・・、その逆も・・・・・?あったようななかったような・・・・・。


2日間で『コールルーム』が開けられたのは13回、計59試合が行なわれました。

そのすべての『コールルーム』は、コールアウトなどの大きなトラブルなく、無事に終わることができました。


さすが『埼玉県ボッチャ選手権大会』!!



スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://pinkcatsakura.blog86.fc2.com/tb.php/394-c3deb3af