FC2ブログ

 先月の末のことでした。

市内のとある場所に、行く用事がありました。

行ったことはもちろん聞いたこともないその場所は、外から見ると(古すぎて)「エレベーター、あるの?」と思ってしまうほどの小さな2階建てでした。

指定された場所なんだから「行けないはずはない・・・・・」と、入ってみました。

入るとすぐにあった年季の入ったエレベーター。

ホッと胸をなでおろしエレベーターのボタンを押しました。

ボタンも、今はほとんど見ることができないようなもの。

ボタンを押すとすぐドアが開きました。ドアが開いたと同時に電気が付きました。

あまり使われてないことがすぐにわかりました。

そのことに気にも留めずに、乗りました。

年季が入っただけのことあって、私(車椅子)が乗ると(他に)1人乗るのがやっとでした。

『2』のボタンをおすと、すごい(懐かしいような)音を立てて2階へ。

そのわずかな間、いろんな意味で笑いが止まらなかった2人でした。

その後無事に2階で用を済ませ、同じ行程を経て帰りました。

「あれは30年?」

「いや、40年以上だね~」

「いや、ニットモール(が約40年)よりヤバいよ」

といつものように言いたいことを言い合う2人でした。


私はウン十年、エレベーターのお世話になってきました。

いろんなところでいろんなエレベーターに乗りました。

ドアが開いてから止まるエレベーター、動くたびにガリガリ言うエレベーター、車椅子が6台も入る(しかも通り抜けできる)エレベーター、十数年前に世界中で大騒ぎになったシンドラーエレベーター。

そのシンドラーエレベーターには、2週間も毎日乗らなければいけない状況でした。

毎回大騒ぎして乗っていた日本人でした。

日本のエレベーターは、静かで快適!と思っていました。


そのエレベーターに乗るまでは・・・・・。

でも、昔は確かにこう(動くたびに音がする)だった!!

いつの間に、音が静かになったんだろう?

いつの間にボタンも触るだけになったんだろう?

いつの間に車椅子用の操作ボタンが付いたんだろう?考え出すとキリがない・・・・・。

気がついたら、今のようなエレベーターになっていたような・・・・・。

「いつの間にか・・・・・」に弱いのが人間です。

そのこと思い出させてくれたような、エレベーターでした。

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://pinkcatsakura.blog86.fc2.com/tb.php/396-c5c2a7cf