FC2ブログ

 ラグビーWorld Cup開催のため例年より1か月遅い開催となった『彩の国ふれあいピック秋季大会』が昨日、開催されました。

昨年は、台風のため中止となり、2年ぶりのふれあいピックとなりました。


前日の26日に同会場にて行われた『熊谷ふれあい広場』でお昼を食べて、前日準備のお手伝い(という名のじゃま)も参加。

7人(うち2人は口のみ?)で3時間足らずで、ボッチャコート8コートのライン引き。

何もできない私の仕事は、貼ったラインテープをモップ掛けして剥がれないようにすること。

貼り終わったラインテープの上をモップを押しながら走り、剥がれないように押しつけて行きました。

最初は一直線に走ればいいだけなので楽でしたが、コートが出来上がっていくにつれ、やったのかやっていないのかわからなくなってしまいました。

「そこやった!」とか「こっちやって・・・・・」の声に、走り続けたお手伝いでした。


そして昨日も、朝からスタッフとして会場にいました。

この大会は、初心者向けのため『コールルーム』もなく、私のできる仕事も少なかったですが、本部で1日がんばりました。

例年参加者が多くなり、今年は午前中32チーム・午後20チーム(個人参加を含め)がボッチャを楽しみました。

年々ランプ選手も増え、ボッチャが広まっていることを感じました。


最後の試合が終了すると、昨日(3時間かけて)貼ったばかりのラインテープを一気に剥がし始めました。

貼る時は3時間もかかったのに、剥がすのは(人が多い分)一瞬でした。

「せっかく貼ったのに・・・・・・!」と昨日がんばった人は(私を含め)、誰もが思ったに違いありません。

大会のたびに、そう思っている人がいることに(今さら)気がつきました。

剥がす時の私の仕事それは、ゴミ袋を持って走り剥がしたラインテープの回収。

今までで一番楽で楽しいお仕事でした。(今までなんで気がつかなかったんだろう?)

ひとつでもできることがあることが、嬉しかったです。

また12月の『ふれあいボッチャ』の時もやる気満々のPINKCATなのでした。

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://pinkcatsakura.blog86.fc2.com/tb.php/458-ac2e7504