FC2ブログ
タイトル

 今日のブログは予定では、一昨日土曜日に開催された恒例の『ふれあいボッチャ大会』の報告を書くつもりでいました。

が、サボってしまいました。

ということで(意味はありませんが)、3ヶ月ぶりに『BOCCIAおもしろMyHistory』を書かせていただきいたと思います。


ボッチャ選手にとって(誰にも言われなくても)、やってはいけないことがいくつかあります。

一番やってはいけないことが、ボッチャにかかわらず何のスポーツでも絶対やってはいけない(やりたくない)コールアウト。

次にタイブレイク。

タイブレイクは「やってはいけない!」とわかっていても、勝つためにはやってしまう(やって勝てば褒められる)のが勝つことしか頭にない選手。

そしてジャックアウト。

このジャックアウトに関しては、自分がやるのはもってのほか・・・・・ですが、相手がするとまさに『棚ぼた』。

しかしそんなにはあるわけないのが、このジャックアウト。

一大会に1回あるかないかの珍しいこと。

小さな大会では、ジャックアウトをすれば会場中で話題になるほど、めったにないことです。


コートのジャックボール有効ゾーンに投げることができずジャックアウトになっててしまうと、ジャックボールを投げる権利が(そのENDで)なくなるだけでなく、相手のジャックボールの投げる権利が多くなり有利になります。

そんな(恐ろしい)ジャックアウトを私も数え切れないやってしまったことか・・・・・・また数え切れないほど(投げる権利を)もらったことか・・・・・。

一試合でジャックボールを(相手がジャックアウトをして)3回投げられた試合は、超ラッキー!ウハウハ、鼻の穴を広げながら攻めて攻めて攻めまくる・・・・・。

と、ここまでは、「やったことある!!」という選手も多いはず。

これから書く話は、それを超える自分でも信じられない一試合。


ある年の『日本選手権』、予選リーグのこと。

ふつうに始まった試合でした。

2(相手)ENDのジャックボール。

選手が押さえる前にランプから転がり出してしまったジャックボールでした。

それを見逃さなかった私が早いか、審判が早いか、一瞬でジャックアウトになりました。

「ラッキー!」とばかりに、私のお決まりの場所に(ジャックボールを)投げ複数点を取ることができました。

続く3ENDは、もともと私のジャックボール。

ここでも複数点取り、二桁得点に(なっていたか)なる勢いでした。

「(4ENDは)なにをやっても勝ち!」と思いながら、入った最終END。

相手がジャックボールを投げました。

が、アシスタントの腕に当たりランプの中で止まってしまったジャックボール。

審判がそのボールを取り上げて、私にジャックボールをくれました。

「こんなことあっていいの?」と思いながら、またお決まりの場所で始めた4ENDでした。

また複数点取り、12-0で勝つことができた試合でした。

試合後、

「ど~したの?」

「いつ見ても1ENDだったじゃない?」

「1ENDに何分かかってんの?」

と、全部見てなかったスタッフや母が言いたい放題。

「違う!違う!なにもしてない!」

「相手がジャックアウトしただけ!」

と試合の一部始終を話し始めた私でした。

「えっ?そんなことあるの?」

「4END、ジャックボール全部なげたの初めて・・・・・」

「おもしろかったけど・・・・・飽きた・・・・・」

本当にあった、ウソのような試合でした。

その後の準決勝の試合でも、ジャックボールを3回投げさせてもらい、4つめの金メダルを手に入れました。

そして、World CUP(ベルファスト)へと旅立ったのでした。


この試合のことは、(たぶん)コーチも知らない話です。

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://pinkcatsakura.blog86.fc2.com/tb.php/464-7add4a8b