FC2ブログ
話は1ヶ月前にさかのぼります。
その日、次の日からのJAPANCUPのための買出し(試合の合間に食べられるようなものや飲み物を買いに)に、川本のベイシアに行きました。
車椅子用の駐車場に車を止め、後ろから(車椅子のまま乗っていた)私が降りようとしていた時、1台の軽自動車がとなりに止まりました。
男の人が降りてきて、普通にベイシアの中へ入って行きました。
車のドアを閉めながら、「あれ、何?」と母が言いました。
「何?なんなの?」と母が言い終わらないうちに私も声が出てしまいました。
最近ではいろんなところで、車椅子駐車場を設けています。
「車椅子駐車場があるのに止められなかったり、一般の車がふつうに止まっていたりすることもある」というのをテレビでやっていたことがあります。
「悪質な人は100円ショップに売っているマークのステッカーを貼り、堂々と止めている」という話も聞いたことがあります。
そういう話を聞くと、こっちの方が悪いような錯覚になってしまうほどです。
そもそも、100円ショップでマークが買えてしまうというのが変な話だと思っています。
私と同じようなことを思っている人も多いのではないでしょうか?

1ヶ月も前のその出来事を半分以上忘れかけていた先週の水曜日、久しぶりに越谷特別支援学校の練習に行きました。
途中のスーパーで、私を車に残し母が買い物に行きました。
車の中で待っている(もちろんのところ)と、となりに車(また軽)が止まりました。
女の人がスーパーに入っていきました。
その事を母に言うと、「私一人のときに止めたら、言われるのかな?」といいました。
母の言っていることはもっともであり、誰にも否定はできません。
世の中には、そんなことは関係ないという人もいると思います。
「誰も見てないから・・・・・」と止める人もいれば、「誰も見てなくても・・・・・」と止めない人もいます。「誰も見てなくても、神様は見ている」という人が一人でも増えるといいですね。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://pinkcatsakura.blog86.fc2.com/tb.php/73-9f78e34f