FC2ブログ
2012.05.07 今年のGW
5月3日、大雨の中、関越の下り車線を右に見ながら、横浜ラポールへと車を走らせました。
その日は、去年も行われた「横浜ボッチャ大会」でした。
この大会は、国内唯一(今のところ)公式なルールの団体戦です。
我が埼玉ボッチャクラブは、他のクラブから(ペアを組むために)来た選手などと、BC2のチームが1つ、BC3のペアが4つ、計5つの団体がエントリーしました。
私は横浜のK樹と「AKB238」という不思議な名前のペアでした。
予選の第1試合から、一番当たりたくない「K&J」と対戦。
何とか逃げ切り、まず1勝。
サインをしてコートから出ようとしたら、「次の試合、ここで・・・・」と引き止められそのまま待機。
勝った余韻もないまま、次の試合。
そんなことを繰り返し3勝で、予選無事終了。
開会式から3試合が終るまで、体育館から1歩も出ることもできませんでした。(いや、コートからも・・・・・)
やっとお昼を食べにロビーへ出たのは、12:20過ぎ。
「1:15には準決だって・・・・・」との声にパンを流し込み、準決の準備。
今回は、お母さんたち全員が審判のお仕事で選手以上の忙しさでしたが、私はちょっとラッキー。
それは、お母さんたちの目がないため、「なにやってんの?」「危ないことしないのっ」「内容がわるいわねぇ」などのオコゴトがなかったからです。
準決も楽に勝ち、いよいよ決勝。
「AKB238」は決勝まで行くことを想定し、少ない練習時間の中、4エンドの練習を(予選は2エンド)していました。
決勝まで行くつもりで・・・・・。
決勝の相手は、1日2回も当たるとは思っていなかった(当たりたくなかった)「K&J」。
1勝しているため「大丈夫」という意識が大きくなりすぎて、4エンドで8-0というとんでもないスコアで負けました。
一度は勝った相手に決勝で負けるなんて、絶対にしてはいけないことです。
そんなことは二度としないように、どんなときも気持ちを引き締めていきたいです。

ちなみに「K&J」は、去年も優勝でした。

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://pinkcatsakura.blog86.fc2.com/tb.php/86-6a0ff094