FC2ブログ
2012.06.25 3つ目の金
6月23~24日、「埼玉県障害者交流センター」にて、「第5回埼玉県ボッチャ選手権大会」が開催されました。
「埼玉県ボッチャ選手権」では分かりやすいように、「立位投球クラス」・「車椅子投球クラス」・「ランプ投球クラス」の3クラスになっています。
「ランプ投球クラス」は「BC3クラス」ですが、「車椅子投球クラス」は「BC2」・「車椅子OP」の選手が戦います。

「埼玉県ボッチャ選手権」の各クラス上位3名が、今年の「関東選手権」の出場権を獲得できます。
私の「ランプ投球クラス」は去年までの4人を上回り7人。
予選リーグも2つできにぎやかでした。
埼玉のランキングでリーグができていたのですが、レディースリーグ・メンズリーグときれいに分かれました。
こういうことは、めったにありません。(初めて)
レディースリーグの方が一人少ないため試合数も少なく、楽でした。
が、試合の間が開きすぎ、疲れた部分もありました。
私は2勝でリーグを終えることができましたが、相変わらずオコゴトは、多めでした。

午後からの開催だったため、予選最後の試合が終ったのが6:30過ぎていました。
その後、埼玉県障害者ボッチャ協会の総会に出る予定でしたが、次の日の決勝のために、逃げて帰ってきました。(悪い奴)

次の日、準決。相手は、N君。
試合は得点の取り合いになり、N君が1点リードで4END。私の最後のボールが入れば私の勝ち、入らなければタイブレイク。
しかも残り時間29秒。
その29秒で狙いを定め、ボールを放した後にタイムアップ。
その瞬間にタイムキーパーがボールを止めに走りました。
ボールを放した後のタイムアップは有効であるため、止める必要はありません。
止めてしまったため、投げなおしが認められました。
止められてしまったボールは、ちょっと弱めでした。
投げなおしがOKになった時、アシスタントに「強め」の指示を出し、狙いだけに集中しました。
狙いも決まり、強めのボールを投げました。
私のイメージどおりに転がったボールがジャックの隣に入り込み、私の勝ちとなりました。

その後の決勝では、相手がとどかないところで勝負して勝つことができました。
そしてこの「埼玉県ボッチャ選手権」3つめの金メダルを手に入れることができました。
メダルをもらうことができたのは、準決の主審さんのミスのおかげだと思っています。

FJ310033.jpg


熊先さんへ 

ご指摘、ありがとうございます。
確かに、「ランプス」と呼んでいる人が今でも多いと思います。
北京パラリンピック後の「ルール改正」で、「ランプ」と呼ばれるようになったらしいですよ。
私も最近、やっと「ランプ」に慣れました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://pinkcatsakura.blog86.fc2.com/tb.php/93-b14f90e7